あの人のビジネスシャツがカッコ悪い理由

今さら聞けない選び方「基本中の基本」

単体で選んではいけません(写真:freeangle / PIXTA)

襟がピョコッと浮いているシャツのビジネスマン。あなたの周りにいませんか?

私は「プロの目線でユニクロもカッコよく!」をモットーとして、これまで延べ3800人以上のビジネスマンのファッションをトータルコーディネートしてきました。そんな私からは、「シャツ選びの基本」を意外と知らないビジネスマンが大勢いるように見えます。

襟元は「ジャケットスタイルの顔」

Vゾーンは「ジャケットスタイルの顔」です。会話の際、相手と目を合わせるたび必ず視界に映りこむことから、とくにノーネクタイビジネスファッションにおいては、「シャツの襟立ち」が重要でした。

「クールビズの認知率が約9割」(平成28年度クールビズについてお知らせ)と環境省が発表するように、ビジネスファッションの変化は、この10年余りで広く浸透し、シャツのボディーラインに気を配るビジネスマンが増えました。

その結果、セレクトショップのみならず、スーツ量販大手4社が運営するTHE SUIT COMPANY(青山商事)、オリヒカ(AOKI)、SUIT SELECT(コナカ)、P.S.FA(はるやま商事)においても、通常の「レギュラーフィット」に加え、ボディーラインを強調した「スリムフィット」モデルのシャツが数多く販売され、シルエットを重視するビジネスファッションは、もはや定番となりました。

ところが、肝心の襟先が、ピョコッと浮いてしまうビジネスマンを、今でもよく見掛けるのです。「ネクタイ専用のシャツをノーネクタイで着ている」とき、この現象が起きています。

次ページノーネクタイに向かないレギュラーカラー?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT