センスよく見える人は「1軍の服」しか着ない

「毎日違う服を着るのがおしゃれ」はウソ!

着るものが無い…悩んで結局イマイチな服装になっていませんか?(写真 :denisfilm / PIXTA)
日々違う服を着て変化のある人のほうが一見おしゃれに見えそうな気がします。しかし、忙しい毎日の中でコーディネートを考える時間はなかなか取れず、結果、チグハグな服装に……。周囲にはイマイチな印象だけが残ることもあります。
『服を減らせば、おしゃれになる』の著書もあるミニマリストのおふみさんは、「1軍の服だけを繰り返し着るのが、おしゃれになる近道」といいます。どういうことか? ご本人に聞きます。

服を減らしたら、褒められることが劇的に増えた!

「毎日違う服を着なければ!」と思い込んでいる人は少なくないかと思います。特に女性に多いのではないでしょうか。私自身、その呪いにかかり、私服校だった高校に始まり、大学、社会人と大量の服に埋もれて過ごしてきました。

着回しを重視して、安い服をたくさん買う…そうするとクローゼットは微妙な服だらけに。結果、毎日「何を着ていいかわからない」と悩んで、時間切れで変なスタイルで外出……という日々でした。

あるとき、お腹の底から「身軽になりたい!!」と思い、服も含めて家中のモノを猛烈に減らしはじめました。家具、本、食器、そして服…。何年も前に買ったくたびれた服、いつか着るかも?と思いとっておいた大量の服を手放しました。ゴミ袋何袋分もの服を処分した結果、クローゼットに風の通り道ができました。そして気付いたこと。「あんなにたくさん持っていたときより、服選びに迷わない」ということでした。

服も少なくなり、いつも同じ服を着るようになりましたが、意外や意外、周りの人からより、褒められるようになりました。いつも似たような服を着て、きたきりすずめと言われかねないとびくびくしていたのですが、思ったより他人は自分の服に注目していないことがわかりました。それよりも、自分に似合ったスタイルのほうが印象に残るようでした。

平日5日、毎日違うコーディネートで変化を出すより、たった2つの組み合わせを1日置きに着たほうがおしゃれに思われるという不思議。

次ページ服の制服化といえば
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT