今どきの日本の若者は「没個性」なのか?

「ミニマリスト」で「ノームコア」!

ミニマリスト佐々木さんのクローゼット(写真:本人提供)
スティーブ・ジョブズばりにシンプルな装いで、フランス人ばりに服を持たない若者が増えているらしい。モノから解放され、内面を磨き、己の個性を輝かせるのだ。

仲村さんの部屋。アイリスオーヤマのエアリーマットレスはミニマリストの定番(写真:本人提供)

テーブル、イス、布団、扇風機。宇都宮大学農学部2年生の仲村祐一さん(21)の部屋にある主な“モノ”は、この4つだけ。寮や合宿所ではない。驚くことに、一軒家を3人でシェアするイマドキな大学生の部屋だ。

今、若い世代を中心に、自分に必要な最少限のモノしか持たない「ミニマリスト」が増殖している。仲村さんもその一人。生活を支える三種の神器は、iPhone、MacBook Air、Kindleだ。音楽もスケジュール管理も読書も、かさばるモノは全てデジタル化するのがお作法。高度経済成長期の新三種の神器、カラーテレビ、クーラー、自動車は何ひとつ持っていない。

クローゼットの中も極めてミニマムで、外出用の服はポロシャツ3着、Tシャツ2着、ジャケット2着、ダウン1着、ハーフパンツ1着、パンツ1着のみ。ほとんどは機能性重視のアウトドアブランドで、これで1年間をまわすというから、「10着しか服を持たない」というあのフランス人といい勝負である。タオルはフェイスタオルを3枚。バスタオルはかさばるから持たないそうだ。

仲村さんがミニマリズムに目覚めたのは、大学受験の浪人中のこと。一向に伸びない模試の成績にイラつく毎日。現実からワープしようとネットを開き、偶然見つけたのがミニマリストのブログだった。いらないモノを排除して、必要なモノだけを生活空間に置く。そんなシンプルな考えに、なぜか強烈に惹かれた。不安げな両親をよそに、3日後には、持ちモノの9割を捨ててしまったという。「がらんとした部屋を見て、持ちモノで自分を良く見せたいと思っていたのが、バカらしく思えちゃって。他人の目が気にならなくなったら、自分の意志がクリアになった気がします」

シャツより美術館

大学生になった今、3千円のシャツを買うより、3千円を支払ってできる体験に価値を見いだす。他人と差別化するのはモノではなく、自分の中身。だからこそ多様な経験を積み、内面を磨きたいと思うようになった。

一人で出掛けた東京都美術館の水墨画展で、偶然居合わせたデザイナーの勝岡重夫氏と話し込んだのが忘れられない。デザインが企業に与える影響、海外で得られるチャンスなど、会話の全てを理解できた自信はないが、十分すぎる刺激を受けた。

社会人との交流会にも積極的に参加する。百貨店勤務、株のディーラー、カメラマンなど、様々な職業の大人たちの話を聞くのが楽しい。

次ページ「ノームコア・ファッション」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。