センスよく見える人は「1軍の服」しか着ない

「毎日違う服を着るのがおしゃれ」はウソ!

2. どんな自分になりたいか、目指すスタイルを考える

服は第2の皮膚。自分をどう見せたいかを表すものです。自分が振舞う役割やシーンを考え、その「場」で自分はどう見られたいかを考えるといいでしょう。

たとえば、独身の男性なら、友達と遊ぶ、会社に勤めるという2つの「場」があるとしましょう。それぞれの「場」でどんなふうに自分を見せたいか。それを考えます。服を少数に絞るなら、まずは目指すスタイルをハッキリさせましょう。これを怠ると「何を買いたいのか」わからず、服がブレブレに。微妙な服装になるおそれがあります。

3. 理想のクローゼットを想像してみる

少数、お気に入りの服が吊してある状態が理想です。そこにはどんな服がかかっているか?までを想像して、「一軍」のラインナップを確認します。一軍と呼べない服を手放すと、イマイチなコーディネートが生まれるリスクを最小化できます。

4.小さくトレンドを取り入れて

ここまで読んで、どこまで制服化すればいいか、と考えた人もいるでしょう。でも、やりすぎるのも考えものです。「毎日まったく同じ服を着る」のはさすがに極端。自分のスタイルを確立し、そのうえで小さなアップデートをし続けていくのが理想です。

このアップデートを怠ると、一気に「時間の止まった古い人」になってしまいます。数年で服のシルエットはどんどん、変化していきます。ジーンズひとつとっても、はやる形は変わっていきますね。ジーンズを履く、という「スタイル」は変えないものの、その形は「トレンド」に合わせてマイナーチェンジしていく。これで流行遅れにならず、制服化が成功しやすくなります。

自分の定番を決めて、繰り返し着る

おしゃれもほどほど楽しみながらヘビーユースし、傷んだらいさぎよく買いかえましょう。服のシルエットなどは少しずつ変わりますから、高いものを長く着るより、トレンドを意識したシルエットで、かつ、そのときの自分に合う形のものに買い替えたほうが、結果的にリーズナブルかもしれません。

買い替えるときに、ぜひ手に入れてほしいものがあります。以下、男性ビジネスマンにご提案したい3つのアイテムです。

次ページ男女別、手に入れるべきアイテムは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。