ミニマリストが厳選する無印良品ベスト10

私が丸ごと無印生活にハマったワケ

人気ミニマリストの丸ごと「無印良品生活」を紹介します
ちょっとだけ無理している自分、疲れている自分に気づいた……そんなとき、ふっと横にいてくれたのが、「無印良品」だった――。そう語るのは、無印良品のモノたちに囲まれながらミニマリスト生活(少ないモノですっきり暮らすこと)を実践し、『無印良品とはじめるミニマリスト生活』を出版したやまぐちせいこさん。彼女に「無印良品」の魅力と、お気に入りの生活グッズについて聞きました。

 

今では無印良品に囲まれてミニマムな暮らしをしている私ですが、好きだと思ったインテリアが暮らしにフィットせず、なかなかうまくいかない。仕事と子育ての間で揺れながら、部屋の模様替えを重ねてみても何だか心が晴れない。ナチュラルから北欧……好きなのにうまくいかない。何が原因かわからないまま過ごしていました。

でも、転勤族の夫に伴って10年で5回の引っ越しを繰り返すうち、そのことにだんだんと疲れてきましたし、無駄を感じるようになりました。

そんな私を救ってくれたのが無印でした。当時――結婚した10年以上前から無印良品の家具は好きで買っていましたが、雑貨を飾ることが好きだったわが家で、無印良品のモノは目立つ存在ではなかったと思います。それでも、何となくいつもそばにいて居心地がいい。そんな感じでした。

無印良品の「底力」

無印良品の「底力」に気づかされたのは、今から3年ほど前。今の家に引っ越すタイミングで家具、雑貨をたくさん捨てたときのことです。つらい思いを振り切りつつ、捨てて、捨てて、捨てて……整理し終わったとき、部屋に残ったモノが、無印良品ばかりであることに気づいたのです。

だから私と無印良品との関係は、「ひとめぼれ!」とか「清水の舞台から飛び降りて買っ た!」とかではなく、長年友達だと思っていた異性が実は運命の人だった!……そういう感じです。

次ページ無印とミニマリストの相性がいいポイント3つ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT