多くの人が「片づけ」にハマる本質的な理由

「断捨離」「ミニマリスト」となぜ続々?

なぜ片づけブームが続いているのでしょうか?(写真:Caito / PIXTA)
「断捨離」に「ときめき」、そして昨年の新語・流行語大賞の候補にもなった「ミニマリスト」。さまざまな「片づけ術」が提唱され、そしてそれらすべてが大人気。まさに片づけブームです。
しかし一方で、片づけに関する「問題点」や「課題」も増えてきています。たとえば同居する人にまで、過度に片づけの理論を押しつけて、不和が生まれたり、逆にモノを厳選する気質が高まってしまうことで、高額な家具などに投資してしまい家計を圧迫する実態もでてきているとか。さらに、書籍や雑誌の特集ではたくさんの「片づけ術」が氾濫しているので、その良し悪しや違い、どれが自分にとって有効なのかがわからなくなってきた、という人も多いかもしれません。
そこで、日本初の「かたづけ士」である小松易氏に、昨今の「片づけ」に対する背景や「片づけ」の本質について解説してもらいます。

 

片づけは、よりよく生きるための「手段」

昨今、ミニマリストという言葉を聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。「必要最低限(ミニマル)のモノで暮らす」という考え方が「ミニマリズム」で、それを実践するのが「ミニマリスト」。佐々木典士さんたちが提唱した考え方です。「ミニマリスト」は、昨年・2015年の新語・流行語大賞の候補にもなりました。

確かにモノをミニマルにすると、生活におけるさまざまなムダをそぎ落とすことができます。空間の風景がミニマルになれば、やりたいこと・やるべきことに集中しやすくなりますし、余計なモノに意識を持って行かれることもなくなります。

21世紀初頭に「『捨てる!』技術」がベストセラーになり、さらに「断捨離」が脚光を浴びました。ミニマリズムが提唱される前から「モノを減らす・捨てる」大事さは多くの人が痛感していることですし、私が提唱する片づけ術でも「モノを減らす」ことを重視しています。

次ページ片づけの理想は「ドラえもん」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT