クリーニング要らず!家洗いの「最強兵器」

半数以上がリピーター化する「洗剤」の秘密

このパッケージ、見たことがありますか?  知る人ぞ知るおしゃれ着用洗剤なのです
シンプルな生き方や、丁寧な暮らしが注目される昨今。「本当に必要なモノとは?」「長く愛せる、使えるモノとは?」といった観点で消費を見直す人が増えています。しかし、「確かなモノ」を選ぶのはそう簡単ではありません。
そこでこの連載では、一部の人々が熱烈支持する「溺愛品」をピックアップ。知られざる溺愛の真相に迫りながら、モノとの向き合い方についても考えていきます。

 

「クリーニング代がバカにならない!」。特に衣替えの季節はこうボヤく人も多いだろう。だが、料金が安い店だと仕上がりが雑な場合も多々あり、クリーニング店選びは難しいものだ。こうした中、自力でほとんどの衣類を洗ってしまう人が増えている。

そこで活躍するのが、ドライマーク衣類も洗える、いわゆる“おしゃれ着用洗剤”だ。「エマール」や「アクロン」のカテゴリーといえばピンとくるだろうか。

ウールのニットから、肌着やダウンジャケットまで、さまざまな衣類が自宅で洗える。しかし、今でこそ大手洗剤メーカーも人気モデルなどを起用してPRする、定番アイテムとなっているが、一昔前まで市場にこの手の洗剤はほとんど見当たらなかった。

今回は、そんなおしゃれ着用洗剤の黎明期から存在する、知る人ぞ知る人気洗剤を紹介しよう。「ドライニング」という商品だ。購入者の半数以上がリピーターで、20年以上愛用している人もいるという。発売以来、緩やかではあるが売り上げも右肩上がりで、新規顧客も着実に増えている。ユーザーを虜にする魅力は、いったいどこにあるのだろうか。

しっかり落ちるカギは「ブレンド比率」

「ドライニング」を製造販売するのは、大阪府に本社を構えるUYEKIだ。同社は、オレンジ系洗剤のパイオニア的存在。まだオレンジが石鹸などの香料にしか使われていなかった時代から、いち早くオレンジオイルの油脂を溶かす力や浸透力に目をつけ、開発に力を注いできた。

代表的なのは住居用の「スーパーオレンジ」シリーズだが、編集担当のY氏も愛用しているそうなのでご存じの方も多いかもしれない。そのほか、衣類用、キッチン回り用と幅広く展開し、今やその数は詰め替えを含めると計20種類以上にも上る。このオレンジ系洗剤の第1号商品が、1989年に発売された「ドライニング」だ。

次ページ「ドライニング」のどこがいいのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。