即完売!亀の子束子が生んだすごいスポンジ

抗菌とデザインにかける執念

発売と同時に反響を呼んだ台所スポンジ。作り手は、誰もが知るあの老舗

亀の子束子(たわし)西尾商店は、100年以上にわたってたわしを作り続けてきた老舗企業だ。同社のたわしを長年愛用されている方も多いことだろう。そんな同社が、今年の5月1日に新商品を投入した。即完売だったという。

マーケティング部マネージャーの鈴木昭宏氏

今度はどんなたわしができたのかと思いきや、その新商品の名は、「亀の子スポンジ」である。今、巷で注目を集めているのはたわしではなく、台所用スポンジなのだ。

初回はテスト販売ということもあり在庫が十分ではなかったとはいえ、1週間で売り切れたという。「白と黄色は、発売日に完売した」(マーケティング部マネージャーの鈴木昭宏氏)。5月末に再入荷したが、すでにリピーターもいるそうだ。

いったい、何が台所ユーザーの心をつかんだのだろうか。話をうかがってみると、生活者のニーズに寄り添い続けてきた100年企業のこだわりが見えてきた。

6時間後にはO157が検出できないレベルに

まず、購買者が食いついたのは、おそらくこのスポンジの「抗菌力」だろう。片面に銀イオンを塗布するという、スポンジ業界唯一の抗菌法を採用しているのだが、この銀イオンによる、菌の繁殖を抑制する効果がスゴイらしい。財団法人日本食品分析センターの試験によれば、なんと6時間経過時点で大腸菌O157がほぼ検出できなくなるという結果が得られたという。ちなみに、効果維持のために塗布面は使わぬようご注意あれ。

台所のスポンジは、便座の20万倍の細菌がいるという衝撃的な説もあるように、いわば雑菌の温床である。雑菌に対して戦々恐々となる梅雨の時期到来を前に、この驚きの銀イオンパワーに飛びついた人は多かったに違いない。

次ページ水切れ抜群のワケ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT