即完売!亀の子束子が生んだすごいスポンジ

抗菌とデザインにかける執念

発売と同時に反響を呼んだ台所スポンジ。作り手は、誰もが知るあの老舗

亀の子束子(たわし)西尾商店は、100年以上にわたってたわしを作り続けてきた老舗企業だ。同社のたわしを長年愛用されている方も多いことだろう。そんな同社が、今年の5月1日に新商品を投入した。即完売だったという。

マーケティング部マネージャーの鈴木昭宏氏

今度はどんなたわしができたのかと思いきや、その新商品の名は、「亀の子スポンジ」である。今、巷で注目を集めているのはたわしではなく、台所用スポンジなのだ。

初回はテスト販売ということもあり在庫が十分ではなかったとはいえ、1週間で売り切れたという。「白と黄色は、発売日に完売した」(マーケティング部マネージャーの鈴木昭宏氏)。5月末に再入荷したが、すでにリピーターもいるそうだ。

いったい、何が台所ユーザーの心をつかんだのだろうか。話をうかがってみると、生活者のニーズに寄り添い続けてきた100年企業のこだわりが見えてきた。

6時間後にはO157が検出できないレベルに

まず、購買者が食いついたのは、おそらくこのスポンジの「抗菌力」だろう。片面に銀イオンを塗布するという、スポンジ業界唯一の抗菌法を採用しているのだが、この銀イオンによる、菌の繁殖を抑制する効果がスゴイらしい。財団法人日本食品分析センターの試験によれば、なんと6時間経過時点で大腸菌O157がほぼ検出できなくなるという結果が得られたという。ちなみに、効果維持のために塗布面は使わぬようご注意あれ。

台所のスポンジは、便座の20万倍の細菌がいるという衝撃的な説もあるように、いわば雑菌の温床である。雑菌に対して戦々恐々となる梅雨の時期到来を前に、この驚きの銀イオンパワーに飛びついた人は多かったに違いない。

次ページ水切れ抜群のワケ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT