丸の内キッテで売れまくるリゾットの秘密

フリーズドライはここまできた!

お湯を注ぎ30秒で、イタリアンが完成!

「え? それ、全部買うの!?」

30代と思しき女性は、20個近い商品をお買い上げ。次に並んでいたOL風の女性も10個以上を会計に――。

ここは東京・丸の内のキッテ地下1階にある「アマノ フリーズドライステーション」。ブロックタイプのフリーズドライ(以下、FD)食品で業界シェア首位を誇る、天野実業のアンテナショップだ。今ここで、ニューフェイスの「リゾット」が急激に売り上げを伸ばしているという。

瞳を閉じて食べてみると……

アマノといえば味噌汁だが……

FD食品は、お湯を注げばすぐ完成! という手軽さが人気のインスタント食品。「アマノフーズ」ブランドの代表作といえば、「味噌汁」だろう。30年以上の歴史があり、ブロックタイプのFD味噌汁シェアはトップだ。スーパーやコンビニ、生協などでも取り扱いが多いので、購入したことがある人も少なくないのでは?

だが、同社のオリジナル商品は、スープやにゅうめん、丼、カレーなど、実は多岐に渡り、200種類以上もある。同店にも、100種類以上のFD商品がズラリ。ヒット商品はたくさんあるが、今、特に人気急上昇中なのが、「ビストロリゾットシリーズ」なのだ。

2014年3月に発売を始め、早くも「トマトとチーズ」は同店の2014年年間売り上げ2位、「3種のチーズ」は4位の座を獲得した。この2種は、2014年販売目標の2倍も売り上げたという。同年9月には、「ほうれん草とチーズ」と「カルボナーラ風」も発売。全種の販売実績は、117万食と目標の160%を達成した。

次ページなぜこんなに低カロリーなのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。