50万枚突破!激売れマットレスの"真価"

腰痛持ちもミニマリストも大絶賛

今、人気の「高反発マットレス」。中でもさまざまな層から支持されているのがこの商品だ

最近、よくメディアで話題に上る「ミニマリスト」。簡単に言うと「モノを持たない暮らし」を実践する人のことらしい。そんな最小限のモノで暮らす人が厳選してたどりついたモノとは? それは、もしかしたら、かなり機能性が高く、長く使えるような「確かなモノ」なのではないだろうか?

そう考え、彼らが愛用する商品をリサーチすると、ネット上である寝具が話題になっていることがわかった。注目を集めたきっかけは、どうやら「ベッドを捨ててエアリーマットレスを買ったら予想以上に快適だった」というブログ記事。執筆者はブログ「物を持たないミニマリスト」主宰の肘さんという人だ。

早速、コンタクトを取ってみたところ、「ミニマリストを最初に名乗りだしたのは、たぶん僕」と言う、ミニマリストの先駆者であった。

あの人気マットレスより軽くて管理がラク!

肘さんがイチオシしているのは、アイリスオーヤマの「エアリーマットレス MAR シングル」(以下、エアリー)という高反発マットレスだ。最小限の暮らしをしたい肘さんにとって、場所を取り、圧迫感を与えるベッドは大きな悩みのタネだった。かといって、布団を敷くのも、床がフローリングなのでカビの発生リスクが高い。何かほかによい寝具はないものかと探し出したのが、このエアリーだったという。

ミニマリスト肘さんの「最小限」の暮らしにもマッチするマットレス

以前使っていた厚さ8センチの布団は体が痛くなって捨てたが、エアリーは厚さ5センチなのにまったく痛みもなく快適だという。約2年間、フローリングにじか置きで使用しているが、3次元構造により通気性がバツグンなので、カビやダニの問題はないとのこと。今のところ、へたりはなく耐久性にも不満はないそうだ。

こうした寝心地のよい3次元構造の「高反発マットレス」といえば、有名なのは「エアウィーブ」だろう。実は以前、肘さんは敷布団タイプのエアウィーブも使ったことがあるが、意外と大きく重くて畳みにくいのでご両親に譲ってしまったそうである。一方、エアリーは「三つ折りに畳めるので、コンパクトになってソファ代わりにもなる。何より軽いから持ち運びが簡単で床掃除もラク」(肘さん)。

次ページホームセンターの売り場に変化が
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT