酒が一気に美味くなる!大阪発の「魔法の器」

エジプト時代からある「あの金属」がカギ

お酒が美味しくなるという、不思議な酒器をご存知ですか?(撮影:風間仁一郎)

晩酌を愛する人の中には、「マイグラス」や「マイタンブラー」をお持ちの方も多いと思うが、特に酒通に愛用者が多いといわれるのが、「錫(すず)」の酒器だ。人気のワケは、酒を注ぎ一口飲んでみればわかるはず。なぜかいつもの酒も品よくマイルドになり、ワンランクアップしたような味わいに変化するのである。

そんな魔法のような錫を用い、伝統的な技法で器を製造する企業は、現在全国で15社ある。そのうち大阪府にある5社が生み出す品々は、経済産業大臣より伝統的工芸品「大阪浪華錫器」の指定を受けている。中でも順調に売り上げを伸ばし、業界内で3分の2のシェアを誇るリーディングカンパニーとなっているのが、「大阪錫器」だ。食器や茶器、花器など商品は多岐に渡るが、とりわけ売れているのが酒器であり、若い世代からも支持を集めている。

一口飲めばわかる、マイルド効果

この連載の一覧はこちら

「これを巾着に入れて居酒屋へ行き、お酒を楽しんでいる人もいます」。そう話すのは、コンタンの鈴木正晴社長だ。同社は、職人の手によるこだわりの逸品を集めたショップ「日本百貨店」を運営している。ここで最も男性ウケする商品が、大阪錫器の酒器だという。

中でも猪口が人気で、若い女性が男性へのプレゼントとして購入するケースが多いそうだが、男性による自分への「ご褒美買い」もよくあるとか。特に「おかちまち店」は40~50歳代のビジネスマンの来店も多く、常連男性が訪れる度に欲しそうに酒器を見つめ、ある日、意を決し購入していったりするらしい。

デザインもシンプルで素敵だが、人気の秘密は、やはりまず錫そのものの魅力にあるようだ。3年ほど大阪錫器のタンブラーを愛用しているという鈴木社長は、こう言い切る。「味が全然違う。飲み物がまろやかになる」。

次ページ半信半疑。早速、試してみることに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT