厳選!最高のコーヒーを入れる「器具と豆」

ガラス製ドリッパー、ブランド店の豆に注目

最高のコーヒーは、器具と豆へのこだわりから生まれます(写真は、ケメックス コーヒーメーカー 3カップ)

サードウェーブコーヒーの波が日本にも上陸した。サードウェーブとはこだわりの豆を使い手作業で一杯ずつ丁寧にコーヒーを淹れて、より美味しいコーヒーを楽しもうというもの。その流れに伴い家で飲むコーヒーを見直す人が増えている。少しだけかかる手間さえ楽しみ、充実のコーヒータイムを過ごすと生活が潤うことに気づいたのだろう。そのためには長く使いたくなる魅力的な器具は不可欠。マグはやはり、サードウェーブの本場にならいアメリカンなマグカップを使ったほうが雰囲気が出るはずだ。

納得の一杯は「ガラス製のドリッパー」で淹れる!

一段階上の美味しいコーヒーを飲みたいなら、ガラス製のドリッパーでハンドドリップするのがおすすめだ。コーヒーが落ちる様子が見えるので調整しやすく、好みの濃さや量を手軽に作れるのが一番のメリット。落ちる様子を見て楽しむのも魅力だ。

 「ケメックス」のコーヒーメーカーは、三角漏フラスコと漏斗を合体させたような、一体成型のボディが特徴的。持ち手は温もりのある木製で、ナチュラル感がアクセント。シンプルなフォルムは細部まで美しく使いやすい。

キントー カラット コーヒードリッパー&ポット

「キントー カラット コーヒードリッパー&ポット」は、ジャパンデザインのモダンドリッパー。高品質なステンレスの質感と耐久性を生かしたシリーズ。

フィルターをセットされたときにいちばん美しく見えるフォルムだ。ペーパーレスで使える、ステンレスのフィルターを採用しており、側面に開いた0.3mmの穴が、豆の旨みを含んだオイルをしっかりと抽出し、コーヒーを作る。

次ページ国内老舗ブランドとコラボのおしゃれなドリッパー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。