忙しい朝においしいコーヒーを飲む最新兵器

その場で豆を挽くのがいちばん

忙しい朝の1杯には、全自動コーヒーメーカーが最適だ
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

忙しい朝でも、できるだけおいしくコーヒーを淹れたい。そんな願いは、一度自分で、あるいはお気に入りの喫茶店でていねいにドリップして淹れたコーヒーを飲んでみれば誰しもが抱くようになるだろう。

ただし、日本の朝は忙しい。コーヒーを用意する15分も惜しいくらいに忙しなく準備をして、電車に遅れぬよう出かけていかなければならない。コーヒーメーカーは、朝ぜひ飲みたい1杯を作る時間を、ほかの身支度の時間と多重化することができる、強い味方なのだ。

であれば、できるだけおいしいドリップを楽しめる1台を選んではどうか。そこで、Amazonでも堂々の1位を独走する人気製品、PanasonicのNC-A56-Kを手に入れて、1カ月ほど、朝の1杯を任せてみることにした。

豆のままセットして、ボタン1つでできあがり

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

NC-A56-Kは、ミルと浄水機能を一体化したドリップコーヒーメーカーだ。ペーパーフィルターをセットして、挽かれていない状態の豆を適量入れ、スタートボタンを押せば、豆を挽いて十分に蒸らし、ドリップを行ってコーヒーができあがるまで、触れずにお任せすることができる。

家庭でコーヒーを入れる場合、粉を用いると豆を挽く時間を短縮することができる。そのため、スーパーなどでは多くの場合、すでに中粗挽き程度に挽かれた状態の豆を購入することができる。

次ページその場で豆を挽くことの重要性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング