忙しい朝においしいコーヒーを飲む最新兵器

その場で豆を挽くのがいちばん

忙しい朝の1杯には、全自動コーヒーメーカーが最適だ
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

忙しい朝でも、できるだけおいしくコーヒーを淹れたい。そんな願いは、一度自分で、あるいはお気に入りの喫茶店でていねいにドリップして淹れたコーヒーを飲んでみれば誰しもが抱くようになるだろう。

ただし、日本の朝は忙しい。コーヒーを用意する15分も惜しいくらいに忙しなく準備をして、電車に遅れぬよう出かけていかなければならない。コーヒーメーカーは、朝ぜひ飲みたい1杯を作る時間を、ほかの身支度の時間と多重化することができる、強い味方なのだ。

であれば、できるだけおいしいドリップを楽しめる1台を選んではどうか。そこで、Amazonでも堂々の1位を独走する人気製品、PanasonicのNC-A56-Kを手に入れて、1カ月ほど、朝の1杯を任せてみることにした。

豆のままセットして、ボタン1つでできあがり

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

NC-A56-Kは、ミルと浄水機能を一体化したドリップコーヒーメーカーだ。ペーパーフィルターをセットして、挽かれていない状態の豆を適量入れ、スタートボタンを押せば、豆を挽いて十分に蒸らし、ドリップを行ってコーヒーができあがるまで、触れずにお任せすることができる。

家庭でコーヒーを入れる場合、粉を用いると豆を挽く時間を短縮することができる。そのため、スーパーなどでは多くの場合、すでに中粗挽き程度に挽かれた状態の豆を購入することができる。

次ページその場で豆を挽くことの重要性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT