なんと16万円!これが究極iPhoneケースだ

日本の小さな会社が高い技術で世界に挑む

当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

スマートフォンを新調すると、多くの人が次に探すのがケース。米国に住んでいる筆者はオンラインの通販でしか物色する場がないが、日本では家電量販店や、スマートフォンのアクセサリ専門ショップでは、壁一面にさまざまなケースが展示されている。このあたりは、ケータイの時代から培ってきた「モバイルライフ」が根付いている日本が持つ、文化的な優位性といえるだろう。

スマートフォンのケースの値段も、ピンからキリまでいろいろある。たとえば、プラスチックやシリコン製の、特にデザインが施されていない物は、安ければ500円で売っている。一方、本革や木製なども登場しており、1万円に届こうかというこだわりの逸品の人気も根強い。

日本発!高級iPhoneケースブランド

こちらは16万2000円の「THE SLIT」(写真をクリックするとAmazonの購入ページにジャンプします)

そんなケース市場において、日本から世界を狙おうとしているiPhoneケースブランドが「SQUAIR」だ。

岐阜に本社を置き、これまでファッション製品などを手がけてきた株式会社DAQ(後藤鉄兵社長)が立ち上げたこのブランドのiPhoneケースは、驚くほど高価だ。筆者が試したiPhone 6 Plus用のバンパー「THE DIMPLE」は、日本では税込み6万4800円、米国のアマゾンでは700ドルというお値段。ほかのケースとはかけ離れた値段が付いている。

しかしこれで驚いてはいけない。iPhone 6用のスリットが施された金属製ケース「THE SLIT」には、税込み16万2000円のプライスタグが付いている。iPhone本体よりも2倍の価格だ。なぜこの値段なのか、そしてどのような狙いがあるのだろうか。

次ページパッケージも美しい!その演出とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT