「モレスキン」がEvernoteと仲良くなったら?

スマホと連携できる手帳の意外な実力

当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

皆さんは日々のメモやスケジュール管理をどのように行なっているだろうか。スマートフォンの普及で、メモアプリやクラウドのスケジューラーなどを使っている人も少なくないだろう。あるいは、属している企業で使われているグループウェアが中心、という人も多いのではないだろうか。

よりスマートフォンを生かしたい、紙のノートを使いながら、デジタルの恩恵もあずかりたい、という人にとって最適なノートブックは、モレスキンのEvernoteコレクションだ。

自由に気持ち良く書いた、そのあとで

モレスキンは「伝説的なノートブック」を復刻させるというコンセプトで1997年に生まれたブランドだ。過去、ゴッホやピカソがスケッチを描き、ヘミングウェイやチャトウィンがアイディアを記録した、そんなノートの手触りを、現在の我々も手にすることができるのだ。

しっかりとした装丁と特徴的なラバーバンド、そしてメモからスケッチまで自由に使うことができる上質な紙面。大事な紙をしまっておくポケットもあり、お気に入りのペンとこのノートだけあれば、アイディアを練ったり、プランを考えたりといった「自分ひとりの仕事」をするには十分の環境が整う。

シャープペンシルでもペンでも、モレスキンの上で滑らせてみれば、とても気持ちよいことが分かるだろう。この自由さと気持ちよさが、仕事を助けてくれる瞬間がいくつかある。

筆者はあとで活用することを前提に、なるべくメモもデジタルでとるようにしている。特に箇条書きは、手軽で素早く、しかも要素を抜き出したり、情報の流れをまとめたりするのに便利であるため、非常に多用するメモの方法となっている。

ところが、文字が横と縦にしか流れていかないキーボードからの入力だけでは、どうしようもないことがある。発散するアイディアを書き表すときに、縦方向に連なっていくのでは、その順番に意味が出てしまうからだ。

次ページモレスキンの使い方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。