反撃!「Windows10」は何がスゴイのか

マイクロソフトは、"挑戦者"に変貌した

Microsoft Hololensはまったく新しいユーザー体験をもたらすことになりそうだ

マイクロソフトが現地時間の1月21日に米ワシントン州レドモンドにある本社で催したWindows 10の発表会は、過去1年を振り返ってテクノロジ業界におけるもっとも印象的で、未来を垣間見せるプレゼンテーションだった。

マイクロソフトはこの2年あまり企業としての形を変えるべく内部で様々なプロジェクトを動かしてきたが、昨年2月にCEOになった「サティア・ナデラ」というリーダーを得ていよいよ”変化”が表出し始めているのかもしれない。

2007年のiPhone以降、「下り坂」に

振り返ればマイクロソフトは2007年1月、アップルがiPhoneを投入して以来、コンシューマ向けパーソナルコンピューティングの分野において、防戦一方の展開となってきた。同社の成長は企業向けのソフトウェア、クラウドといった企業が支えていたが、コンシューマ視点で見れば、同社に対する期待は下がり続けていた。

しかしアップルがiPhone以降、繰り返し同じスキームで矢継ぎ早のイノベーションを各方面に展開していった結果、アップルはルールを根本から変化させる真のイノベーターではなくなってきた(同社は引き続きイノベーターであり続けたいと考えているだろうが同社の基盤となってる枠組みを覆すことはできない)。対するマイクロソフトは、Windows 8での苦い敗北の味のあと、挑戦者として何ができるかをWindows 10に盛り込もうと考えたようだ。今回発表したパソコン用のWindows 10は1月下旬に最新ビルド、Windows Phone向けアップデートは2月中に、それぞれ無償で提供される。パソコン向け製品版は8月に開発を完了し、秋発表のパソコンに搭載されるほか、Windows 8、8.1利用者に無償提供される見込みだ。

現時点公開されている情報だけでマイクロソフトの巻き返しを評価はできない。Windows Phoneは売り上げ拡大の兆しをまだ見せておらず、コンシューマのPCに対する気持ちは下がり続けているのが現状だ。1年後を予測することはできない。しかし、反撃の体制は整ったと言えるだろう。

次ページマイクロソフトの反撃とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。