反撃!「Windows10」は何がスゴイのか

マイクロソフトは、"挑戦者"に変貌した

ひとつめはSurface Hubと呼ばれる、タッチ操作が可能な84インチのホワイトボードとも言うべき製品だ。Surface Hubに限らず、マイクロソフトは現在、新しいジャンルのデバイスを提案するため、積極的にOEM先のメーカーが参入していない市場に新製品を投入し、導火線の役割を果たそうとしている。

そうしたデバイスの中でSurface Hubの役割は電子会議をイノベートすることだ。マイクロソフトはSurface Hubというハードウェアを活かすため、対となる電子会議機能をWindows 10に組み込んでいる。Windows 10デバイス(パソコン、タブレット、スマートフォン、おそらくXboxも)からSurface Hubに接続することで、Webページやプレゼンテーションスライド、各会議室の映像使いこなした会議に簡単に参加可能となる。

これがMicrosoft Hololens

もうひとつはMicrosoft Hololensというバーチャルリアリティ製品だ。この製品はWindows 10が新たに標準装備する「Windows Holographics API」という機能のコンセプト、可能性を見せるために作られたプロトタイプだが、Surfaceシリーズと同様に製品化を目指している。

Holoを使って3Dモデリングをしているところ。実際に利用者からはこう見えており、傍観者も接続されたWindows 10からはカメラを通してこのように見える。

どのような製品なのかは、リンク先のページを見る方が解りやすいだろう。Hololensは本体に備えた透過スクリーンに高精細な立体映像を映し出し、内蔵するステレオカメラを用いて周囲の情報を獲得。同社が”Holo Processing Unit(HPU)”と呼ぶ専用プロセッサで処理を行い、実映像と合成表示する仮想現実と現実空間の間をつなぐデバイスだ。スマートフォンなどの助けなしに動作が可能という。デモ映像を観る限りは、日本のベンチャー「FOVE」がVRディスプレイに組み込んでいる視線入力に似た機能もあるようだ。

もっとも、マイクロソフトはHololensによって、Oculus RiftやFOVEを蹴散らそうとしているわけではない。前述したようにWindows 10に標準装備されるHolographics APIを用いたデバイスと、そのアプリケーション市場を開拓することで、Windows 10から拡がる世界を拡げていこうという意図だ。

次ページ複数ジャンルの製品で共通のものを使える
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT