人気工具「ネジザウルス」はアメリカを目指す

累計300万本売れたヒット工具の野望

いかにも大阪的! 高崎社長自ら頭にネジを刺して製品をPRする(写真:エンジニア提供)

スキンヘッドにネジが刺さっていて、それをペンチのようなもので抜こうとしている写真があります。ユーモラスな写真ですが、なんか痛そうでもあります。この写真の人物が、今回取り上げる「エンジニア」という会社の社長、高崎充弘さんです。

エンジニアは大阪市東成区にある従業員30名の機械工具メーカー。「ネジザウルス」というヒット商品で知られています。社長自ら頭にネジを刺して製品をPRするのが、いかにも大阪的です。

高崎さんは2015年10月、東洋経済オンラインでも2回、記事をお書きになっています(隠れた巨大ヒット「ネジザウルス」の秘密「ネジザウルス」をヒットに導いた3つの秘訣)。その後も順調に発展し、今では米国への進出にも力を入れています。

累計で300万本売れたネジザウルス

この連載の一覧はこちら

そもそもネジザウルスとは何なのでしょうか。ご存じない方のために、その説明から始めましょう。

ネジザウルスは、頭の潰れたネジを取り外すことができる道具です。2009年に発売した新バージョンのネジザウルスGTが大ヒット、初代から数えて累計で300万本売れました。年間1万本も売れれば大ヒットといわれている工具業界で、発売後16年で300万本は驚異的な商品といえます。

そこで高崎社長、なぜそんなに売れたのかを考えました。ここがエライところです。失敗すると普通、皆さん失敗の原因を調べて反省します。でも成功すると、ほとんどの人は有頂天になって成功の原因を考えません。でも競争社会では、この分析こそが重要なのです。ビジネス用語でKFS(key facter for success 主要成功要因)といいますが、他社と比べて競争優位なのはどこか、を考えることが今後の会社の命運を左右するのです。高崎社長は成功の要因を分析し、その結果、ヒット商品を作る独自の方程式「MPDP」を見いだします。

マーケティング、パテント、デザイン、プロモーションの略です。市場調査をして(M)、大事な知的財産を守り(P)、性能だけでなく色や形にこだわり(D)、販売促進をしっかりやれば(P)、ヒット商品が作れるというものです。

次ページピコ太郎さんに先を越された!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT