隠れた巨大ヒット「ネジザウルス」の秘密

所さんも注目した、超便利工具

なぜネジザウルスは爆発ヒットになったのか?
1万丁売れれば大ヒットとされる工具の業界で、13年で250万丁も売れた工具があります。それがネジザウルス。
従業員30人の大阪の小さな会社が作った工具はなぜ売れたのか? DIY通で有名な所ジョージさんにも絶讃された超便利工具のヒットの軌跡を追います。

 

ネジを外そうとしてドライバーでグリグリやっているうちに、ネジの溝が潰れてしまったら、みなさんはどうしますか?

もうドライバーは役に立ちませんから、外すのをあきらめて放置するしかないと思い込んでいる方も少なくないかもしれません。でも、ネジ頭をつかむことができれば、溝がつぶれていても外すことができるはず——。

そんな発想から生まれた工具が「ネジザウルス」です。開発したのは、私たち株式会社エンジニア。大阪市東成区に本社を構える従業員30人の小さな工具メーカーです。

ヒットの要因はコマネチ?

ふつうのペンチと、どこが違うのか。ネジザウルスには、大きな特徴が2つあります。

ひとつは、タテ溝です。ふつうのペンチは先端にヨコ溝が加工されていますが、ネジザウルスにはタテ溝があるのです。ネジ頭をつかんで回すとき、ヨコ溝は回す方向に対して平行ですから滑りますが、垂直なタテ溝なら滑りません。

そして、もうひとつが先端に施された傾斜角です。

次ページ大ヒットに至るまでの試行錯誤
関連記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。