隠れた巨大ヒット「ネジザウルス」の秘密

所さんも注目した、超便利工具

なぜネジザウルスは爆発ヒットになったのか?
1万丁売れれば大ヒットとされる工具の業界で、13年で250万丁も売れた工具があります。それがネジザウルス。
従業員30人の大阪の小さな会社が作った工具はなぜ売れたのか? DIY通で有名な所ジョージさんにも絶讃された超便利工具のヒットの軌跡を追います。

 

ネジを外そうとしてドライバーでグリグリやっているうちに、ネジの溝が潰れてしまったら、みなさんはどうしますか?

もうドライバーは役に立ちませんから、外すのをあきらめて放置するしかないと思い込んでいる方も少なくないかもしれません。でも、ネジ頭をつかむことができれば、溝がつぶれていても外すことができるはず——。

そんな発想から生まれた工具が「ネジザウルス」です。開発したのは、私たち株式会社エンジニア。大阪市東成区に本社を構える従業員30人の小さな工具メーカーです。

ヒットの要因はコマネチ?

ふつうのペンチと、どこが違うのか。ネジザウルスには、大きな特徴が2つあります。

ひとつは、タテ溝です。ふつうのペンチは先端にヨコ溝が加工されていますが、ネジザウルスにはタテ溝があるのです。ネジ頭をつかんで回すとき、ヨコ溝は回す方向に対して平行ですから滑りますが、垂直なタテ溝なら滑りません。

そして、もうひとつが先端に施された傾斜角です。

次ページ大ヒットに至るまでの試行錯誤
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。