大失敗をした社員には「大失敗賞」を与えよう

怒らず表彰すると職場の雰囲気は明るくなる

賞を手渡す太陽パーツの城岡陽志社長

大阪府堺市北区にある太陽パーツは、工場用部品、住宅用部材を製造する会社です。医療機器や航空機の精密部品など、1万点もの品ぞろえがあります。この会社、従業員の処遇に実に面白い工夫をされています。

そのひとつが、「大失敗賞」です。多くの企業では、頑張った社員や会社の売り上げに貢献した社員を表彰する顕彰制度を導入していますが、失敗した社員を表彰する賞は、聞いたことがありません。社長の城岡陽志さんに「大失敗賞」を始めた理由をお聞きしました。

年間の利益が吹っ飛ぶ失敗をした社員を表彰?

上のバナーをクリックすると「日本一明るい経済新聞」のサイトにジャンプします

「うちは下請けの会社です。でも、それだけでは面白くない。社員から、自社ブランドのアイデアを募集したんです。ある社員の提案で、車載用のアクセサリーを自社商品化して売り出しました。調子よく売れていると思っていたら、ある時点からどんどん返品されて在庫の山に。売れない場合は返品される、という商習慣を知らなかったんです。結果は5000万円の大損。当時の年間利益が吹っ飛ぶくらいの損失でした」

当然、皆のボーナスは出ません。職場のムードも暗くなり、赤字を出した社員は居心地が悪くなっていきました。

城岡社長は気づきました。「ここで提案した社員をしかると、社内のムードは一層暗くなるだろう。中小企業は新しいことに挑戦しないと生き残れないのに、誰もチャレンジしなくなるのでは……」。

そこで、打ち出したのが「大失敗賞」でした。失敗した社員に表彰状と副賞を贈呈するのです。失敗した社員は嬉しいような恥ずかしいような。「よし! もう1回リベンジして取り返してみせるぞ」と。ほかの社員も「え! 失敗しても賞がもらえるんや」と。職場のムードは一気に明るくなりました。

次ページなぜ表彰をするのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。