業績を良くするには、「太鼓」と「鐘」を鳴らせ

暗かったシステム会社が明るい会社に

大阪市にあるシステム会社「ケー・エス・ディー」の小林社長(写真中央)と社員のみなさん

中小企業さんへ取材に行くと、驚かされることがいっぱいあります。玄関に大きなガンダムが飾ってあったり、ボードで「歓迎!日本一明るい経済新聞」と書いてあったりと、まあ、なんやかやと遊ばせてもらっています。 

今回取り上げる会社、玄関の受付台に小さな太鼓、そしてドアの上には小さな鐘がぶら下がっていました。

外出時には太鼓を叩く(音量にご注意ください)

「あれ、これで何しやはるんやろか?」と思っていたら、社員さんが外へ出て行く時、太鼓を「トントン」と鳴らして「行ってきます!」とあいさつ。そうしたら、中の社員さんがいっせいに大きな声で「いってらっしゃい!」と返答されました。これはすごい!

鐘・太鼓を鳴らす運動

上のバナーをクリックすると「日本一明るい経済新聞」のサイトにジャンプします

感心していたら、今度は営業マンが外から帰ってきて、鐘を「チンチン」と鳴らしました。すると、社員全員大きな声で「お帰り!」と一斉にコールされます。皆さん、パソコンの前で忙しく仕事をしていても、タイコが鳴ったら「いってらっしゃい」、鐘がなったら「お帰り」の大きな声。トントン、チンチンで、パブロフの犬ではありませんが、条件反射のように声を出しています。

このうまい仕組みを考えたのが、システム会社「ケー・エス・ディー」の2代目社長の小林達夫さんです。タイコとカネを使った挨拶運動は、いまや大阪では有名です。テレビでも取り上げられる一方、労務関連の専門雑誌にも掲載されています。この仕組みをまねして玄関に太鼓を置く会社が、ほかに何社も出てきたほどです。

そして小林さんが、この運動を始めたのには、じつは深い理由がありました。

次ページシステム会社社長の悩み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。