社員の家にイモを送ったら業績が回復した!

将を射んと欲すればまず馬を射よ

お菓子の卸・流通の会社、吉寿屋さんが社員のモチベーションアップのために行っていることとは?

吉寿屋(よしや)さんは、大阪市北区のお菓子の卸・流通の会社です。社員のモチベーションアップに向けて、これでもかといろんなことを考え、実施されています。

たとえば1月10日には「メロンの日」というのがありました。この日、社員はマイスプーン持って出勤。午後3時ぐらいになったら、全社員に高級メロン半分ずつを振舞います。

なぜこれを始めたかというと、ここの神吉(かみよし)秀次社長さん、女子社員の話を漏れ聞いたんだそうです。

優秀な営業マンにはベンツを貸与

上のバナーをクリックすると「日本一明るい経済新聞」のサイトにジャンプします

「世の中、豊かになったというけど、メロンを食べる時は一切れだけ。いっぺん、メロンをお腹いっぱい食べたいなぁ」

それを柱の陰で聞いて、よっしゃ、うちそれやったろ、ということで始められたんです。このほか、社員を喜ばす工夫、全社員のあみだくじで金の延べ棒プレゼント、会長の車を運転手付きで休日に社員に貸し出す、優秀な営業マンにはベンツの貸与などなど、いっぱいあります。

次ページリーマンショックで減収に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。