「カラムーチョ」は、なぜここまで強いのか

カルビーも30年崩せない牙城を築けた理由

東洋経済オンラインに集いし労働者・学生・市民諸君!「若き老害」こと常見陽平である。
前から気になっていた会社に、ついに訪問した。辛いのが特徴の定番スナック菓子「カラムーチョ」で知られる湖池屋(コイケヤ)だ。カラムーチョは今、30周年キャンペーンを展開中で、「ドンタコス」や「すっぱムーチョ」などのユニークな商品でも知られる。最近ではみかん味のポテトチップス、さらにはこの原稿を仕上げている時には「ポテトチップス もも味」「ポテトチップス バナナ味」を発表し、ネットニュースでも大きく話題になった。
日本のスナック菓子業界はなんといってもトップシェアのカルビーを抜きに語れない。折しも5月12日にカルビーが発表した最新決算の2015年3月期は純利益が6期連続で最高を更新し、国内では圧倒的なシェアを持っている。
ただ、もともとポテトチップスを初めて商品化したのはフレンテグループの湖池屋だった。その後、カルビーに逆転を許してしまっているものの、独自の商品づくりで、一定のジャンルではカルビーをはじめ、競合の菓子メーカーが切り崩せない牙城も築いている。とくに「辛いスナック菓子」におけるカラムーチョの強さは際立つ。ネット文脈を意識した商品作り、プロモーションをやっているのではないかとすら思えてしまう。
湖池屋はなぜ、ユニークな商品を連発し、話題をかっさらっていくのか。東京都板橋区の成増にある湖池屋本社で、カラムーチョのマーケティングを担当している五月女由和氏、広報担当者の小幡和哉氏を直撃取材した。

カラムーチョ誕生秘話

常見陽平(以下、常見):「カラムーチョ」を初めて食べたのは、僕が小学校4年生の時(1984年)です。 30周年おめでとうございます。余談ですが、湖池屋さんに電話するたびに「お電話ありがとうございます。カラムーチョ30周年の湖池屋です」って言うのですね。

五月女由和(以下、五月女):おかげさまで、昨年は「カラムーチョ30周年」を迎え記念キャンペーンとして「日本全国カラムーチョ化計画」を展開しました。女優の芦田愛菜ちゃんや、生物学者の池田清彦教授、言語学者の金田一秀穂教授、を迎えて専用ホームページを立ち上げたり、テレビCMを打ったりと大々的にプロモーションをしましたね。

次ページカラムーチョはなぜ辛い?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。