5400円のポップコーンを売りまくる店

米国発「ギャレットポップコーン」、酒々井に降り立つ

「今からですと、5~6時間待ちになるかもしれません」。

4月19日、千葉県にオープンした酒々井プレミアム・アウトレットで、オープンからわずか1時間も経たずして300~400人の行列ができた人気店がある。ブランドショップではない。客のお目当てはポップコーンだ。

大行列をつくった正体は「ギャレット ポップコーン ショップス」。米国シカゴ発のちょっと高級なポップコーンを売る店だ。「チーズコーン」「キャラメルクリスプ」味を混ぜた「シカゴミックス」味が人気の老舗だ。国内で仕掛けるのは、「マイクポップコーン」などを販売するジャパンフリトレー。同社がライセンス契約を結び運営している。今年2月に第1号店を東京・原宿駅前にオープンした。

価格はシカゴミックスの一番小さいSサイズ(60g)で380円、ポップコーンとしてはかなりの高単価品である。さらに、この日オープンにした酒々井店では、初の「2ガロン缶」を1人1個限定で発売。約1.1kgというサイズもびっくりだが、価格はなんと5400円。それでも、「すぐに売り切れてしまいそうだ。来ていただいたお客様に申し訳ない」(江原信社長)と、飛ぶように売れていく。

「当初は売れるか不安だった」

そんなギャレットポップコーンも原宿店オープンの前日、「実は心配でしょうがなかった」(江原社長)という。クリスピー・クリーム・ドーナッツのように海外から日本に持ってきて成功した商品は一部だけ。タコスのように日本で認知度が上がらず、なかなか根付かないものが大半だ。

次ページ原宿店オープン初日は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT