5400円のポップコーンを売りまくる店

米国発「ギャレットポップコーン」、酒々井に降り立つ

「今からですと、5~6時間待ちになるかもしれません」。

4月19日、千葉県にオープンした酒々井プレミアム・アウトレットで、オープンからわずか1時間も経たずして300~400人の行列ができた人気店がある。ブランドショップではない。客のお目当てはポップコーンだ。

大行列をつくった正体は「ギャレット ポップコーン ショップス」。米国シカゴ発のちょっと高級なポップコーンを売る店だ。「チーズコーン」「キャラメルクリスプ」味を混ぜた「シカゴミックス」味が人気の老舗だ。国内で仕掛けるのは、「マイクポップコーン」などを販売するジャパンフリトレー。同社がライセンス契約を結び運営している。今年2月に第1号店を東京・原宿駅前にオープンした。

価格はシカゴミックスの一番小さいSサイズ(60g)で380円、ポップコーンとしてはかなりの高単価品である。さらに、この日オープンにした酒々井店では、初の「2ガロン缶」を1人1個限定で発売。約1.1kgというサイズもびっくりだが、価格はなんと5400円。それでも、「すぐに売り切れてしまいそうだ。来ていただいたお客様に申し訳ない」(江原信社長)と、飛ぶように売れていく。

「当初は売れるか不安だった」

そんなギャレットポップコーンも原宿店オープンの前日、「実は心配でしょうがなかった」(江原社長)という。クリスピー・クリーム・ドーナッツのように海外から日本に持ってきて成功した商品は一部だけ。タコスのように日本で認知度が上がらず、なかなか根付かないものが大半だ。

次ページ原宿店オープン初日は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。