サントリーが仕掛ける、マイボトル専用飲料

魔法びんの「サーモス」と協業で狙う新市場

サントリー食品インターナショナルの小郷三朗副社長(左)とサーモスの樋田章司社長

保温保冷性能の高い携帯型のステンレス製魔法瓶に自分好みの飲み物を入れて、オフィスやレジャー先などで自由に楽しむ――。「マイボトル」と呼ばれる飲用スタイルが一般に広がる中、飲料メーカーと魔法瓶メーカーのタッグによる、「マイボトル専用飲料」という新市場を創出する取り組みが始まる。仕掛けるのは、先日、株式上場を果たしたばかりのサントリー食品インターナショナル(以下、サントリー食品)と魔法瓶大手のサーモスだ。

サントリー食品とサーモスは7月8日、「ドロップポーション」と呼ばれる専用の小さな密封容器に詰まった濃縮飲料と、専用マイボトル(携帯型のステンレス製魔法瓶)を共同開発し、両者を組み合わせた新しい飲料スタイルを「マイボトルドリンク『ドロップ』」というコンセプトで提案し、コンビニエンスストアやインターネットなどを通じて販売していくと発表した。

マイボトルドリンク「ドロップ」は、ドロップポーションを専用設計されたマイボトルの中で開封し、中から出てきた濃縮飲料を水またはお湯で割って飲用するという仕組み。「手を汚さずに確実に簡単にマイボトルの中でポーションを開封し、おいしさと香りを保持できる」(ボトル開発を担当したサーモスの片岡有二マーケティング室長)。作りたての味で飲めるだけでなく、一定の時間が経っても熱さや冷たさを保ったまま楽しめるうえ、好みに応じて飲料の濃さを調節することなどもできるのが特徴だ。

1都3県のセブン-イレブンで先行発売

手始めに10月下旬から1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)のセブン-イレブンで、ドロップポーション(1個90円)と専用マイボトル(1980円)を先行発売する。ネット販売も検討する。当初、ドロップポーションはコーヒーやお茶、オレンジなど12種類を用意するが、需要動向を見ながら品ぞろえを見直すとともに強化・拡充し、順次、全国展開を図っていく。コーヒー系の飲料などを試飲してみた記者は、価格面も考慮したうえで、この手の加工飲料としては十分満足のいく味だと感じた。

次ページ飲料市場の歴史とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT