サントリーが仕掛ける、マイボトル専用飲料 魔法びんの「サーモス」と協業で狙う新市場

印刷
A
A

小さな密封容器に入った濃縮飲料を家庭やオフィスで楽しむという飲用スタイルは、ネスレ日本が「ネスカフェドルチェグスト」などで先行して展開しているが、持ち運びができ、保温保冷性能の高いマイボトルを使うというコンセプトは、日本でもおそらく例がない初の試みとなる。

「囲い込みになるかどうかはよくわからない」と、サントリー食品の小郷副社長は言うものの、ドロップのファンになる顧客を獲得できれば、リピーターを継続的に見込めるストック型のビジネスに育つ可能性はある。日本の飲料市場に、新たな歴史が刻まれるかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT