原宿でハジける「米国発ポップコーン戦争」

ギャレット、ククルザに続きドックが上陸

すぐに目につく黄色い看板が「ドックポップコーン」の目印だ

キャラメルの甘い香りに誘われて、原宿交差点の裏通りに引き込まれると、黄色い看板が目を引くポップコーン専門店があった。米国コロラド州デンバー生まれの「ドックポップコーン」だ。

5月31日にアジア初出店を果たした同店は、「しつこくない味が売り」(ドックポップコーンを国内でFC展開するFSプランニングの古原岳志社長)の自然派ポップコーン専門店。

画像を拡大
特大サイズの3ガロン缶(左から2番目)は6600~7200円

チーズの塩味が効いたトリプルホワイトチェダーと、ほどよい甘さのキャラメルブリスをミックスした米国1番人気のデンバーミックスは、レギュラーサイズで780円。3つの味を選ぶことができる特大サイズの3ガロン缶は6600~7200円と、味も価格もちょっと贅沢なポップコーンとなっている。

小商圏でしのぎを削る

原宿の高級ポップコーン専門店といえば、別の店を連想する人も多いのではないか。原宿ポップコーンブームの火付け役、シカゴ生まれの「ギャレットポップコーン」だ。同店は、2013年2月のオープンから1年以上経った今でも、平日に2時間待ちの行列ができる繁盛店である。

原宿駅前に店舗を構えるギャレットポップコーン

さらに同年9月に、シアトル生まれの「ククルザポップコーン」が表参道ヒルズに上陸すると、相乗効果で2店の行列はさらに長くなった。

原宿のポップコーン人気を二分する様子は、久しく大ヒット商品がなかった食品業界で、「原宿ポップコーン戦争」と話題を呼んだ。

今回ドックポップコーンが新たに激戦区・原宿に参戦することで、表参道から原宿にかけての徒歩10分圏内に3店もの米国系ポップコーン専門店が鼎立することになる。

次ページあえて激戦区に出店
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT