回転ずしスシロー、勝ち残りへ新たな一手

100円ずし強化の一方でラーメンやパフェも販売

新商品発表会では、豊﨑賢一社長自ら、すしを振る舞った

直球だけでなく、変化球でも勝負――

回転ずし最大手のあきんどスシローは3月12日、今春の新商品を発表した。前面に押し出すのは、100円(税抜き)のすしだ。同社はこれまでも100円のネタをテコに勢力を拡大してきたが、その攻め手をさらに強めていく。3月28日から期間限定品13種を順次投入する。

中でも目玉となるのが、従来の2倍の大きさにカットしたトロをのせた「倍とろ」だ。3月13~16日の4日間と4月1~25日の平日に提供する。「消費増税を控え、お客さんが一番不安になっている時期だからこそ、倍とろのようにお客さんに驚きを与えられるような商品を取りそろえた」(豊﨑社長)。

サイドメニューも強化

画像を拡大
だしにこだわったと言う「スシローのラーメン」

100円ずしだけではなく、サイドメニューも強化する。

4月1日に「スシローのラーメン 出汁入り鶏がら醤油味」(税抜き280円)を発売。「苺ミルフィーユパフェ」(同230円)など、スイーツの品ぞろえも増やす。

豊﨑社長は「今のスシローだからできる100円ずしを追求し、当社の強みをしっかり提供する。ただ、お客さんのニーズも多様化しているので、従来のように直球ばかりではなく、すし以外のものを投入していく」と狙いを語る。

外食業界関係者は、「粗利の薄い100円ずしを強化して集客する一方、粗利の厚いサイドメニューを拡充し、商品全体で粗利をきちんと確保するように調整している」と分析する。

次ページ過熱する回転ずし戦争
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT