回転ずしスシロー、勝ち残りへ新たな一手

100円ずし強化の一方でラーメンやパフェも販売

新商品発表会では、豊﨑賢一社長自ら、すしを振る舞った

直球だけでなく、変化球でも勝負――

回転ずし最大手のあきんどスシローは3月12日、今春の新商品を発表した。前面に押し出すのは、100円(税抜き)のすしだ。同社はこれまでも100円のネタをテコに勢力を拡大してきたが、その攻め手をさらに強めていく。3月28日から期間限定品13種を順次投入する。

中でも目玉となるのが、従来の2倍の大きさにカットしたトロをのせた「倍とろ」だ。3月13~16日の4日間と4月1~25日の平日に提供する。「消費増税を控え、お客さんが一番不安になっている時期だからこそ、倍とろのようにお客さんに驚きを与えられるような商品を取りそろえた」(豊﨑社長)。

サイドメニューも強化

画像を拡大
だしにこだわったと言う「スシローのラーメン」

100円ずしだけではなく、サイドメニューも強化する。

4月1日に「スシローのラーメン 出汁入り鶏がら醤油味」(税抜き280円)を発売。「苺ミルフィーユパフェ」(同230円)など、スイーツの品ぞろえも増やす。

豊﨑社長は「今のスシローだからできる100円ずしを追求し、当社の強みをしっかり提供する。ただ、お客さんのニーズも多様化しているので、従来のように直球ばかりではなく、すし以外のものを投入していく」と狙いを語る。

外食業界関係者は、「粗利の薄い100円ずしを強化して集客する一方、粗利の厚いサイドメニューを拡充し、商品全体で粗利をきちんと確保するように調整している」と分析する。

次ページ過熱する回転ずし戦争
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT