5400円のポップコーンを売りまくる店

米国発「ギャレットポップコーン」、酒々井に降り立つ

だが、そんな心配を吹き飛ばし、オープン初日には100人のファンが並んだ。2カ月以上が経過した現在も原宿店の勢いは衰えず、週末は1時間待ち以上の行列ができる盛況ぶり。同社によれば原宿店にはこれまで約3万人が訪れ、売り上げは計画の2倍以上を達成している。出足の好調を受け、酒々井だけで「年商1億円以上はいける」(江原社長)と手応えを語る。

「コールドストーン」に学ぶ

ヒットの秘訣は、「日本にはない濃厚すぎる味」だという。ポップコーンはこれまで塩味やバター醤油味など定番の味はどこにでもあったが、本格的な味を追求したといえるような商品はほとんど存在しなかった。「今までに食べたことのない本当に美味しいものは高くても買っていただける。特に贈答(プレゼント)用としての需要を狙い大きいサイズを取り揃えた」と、江原社長はヒットの秘訣を語る。

第1号の原宿店

第1号店を原宿の「繁華街」に、2号店を「アウトレットモール」に出店したのも、「実は2005年に上陸したコールドストーンの手法」(江原社長)だと明かす。コールドストーンは1号店を六本木ヒルズに、2号店を佐野のアウトレットモールに出店し一気に知名度を高め日本でのビジネスを成功させた。このコールドストーンの戦略を真似たのがピタリと当たり、当初は20~30代女性をターゲットに想定していたのが、現在では20~50代まで男女を問わず詰め掛けている。

今回の酒々井出店で弾みがついた同社は、今年中にショッピングセンターや駅ナカなどへさらに2店舗を出店する計画だ。「ゆくゆくはジャパンフリトレーの主力事業として成長させたい」(江原社長)。全国からの問い合わせを受け、来年には専用工場を作り、日本全国へオンライン販売を始める計画も練っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング