ヤマザキ「ランチパック」人気の秘密

PB隆盛ものともせず

スーパーやコンビニエンスストアのパン売り場。近年は、小売り側の自主企画であるPB(プライベートブランド)商品がどんどん力を増す中で、ナショナルブランド(NB)と呼ばれるメーカー品の“牙城”として、ひときわ存在感を放つ商品がある。国内製パン最大手の山崎製パンが展開する「ランチパック」シリーズだ。

ランチパックシリーズは、発売30年弱のロングセラーで日本国内の専用品ながら、ここへ来て販売を大きく伸ばしている。ランチパックシリーズの2012年の売り上げは400億円を突破する勢いで、前年からは8%程度伸びる計算だ。山崎製パンの12年連結売上高計画が約9530億円と前年比2%増にとどまることを考えれば、突出した成長ぶりである。

ランチパックの取り扱いを増やす小売りチェーンもあり、PB隆盛のパン売り場では異例の存在である。日本は人口減で経済が縮小傾向にあるうえ、良くも悪くも需要が安定している食品市場で、ロングセラー商品がいま絶好調な秘密は何か――。

「中身を入れ替えるだけ」がミソ

その謎を解くカギは、ランチパックのシンプルな形状にある。ランチパックシリーズは、約10センチメートル四方の正方形に切った耳のない食パン2枚の間に、さまざまな具を詰め込んで包み込む。そもそもは「食パンを手軽に食べるという簡単なノリで始めた」(営業統括本部・マーケティング部の田村優和氏)。これこそがミソ。総菜系からデザート系まで、実に幅広い食材を使って何種類もの商品が展開できるのだ。

商品数は全国で常時40~50品。一番の売れ筋は、「ピーナッツ」「たまご」「ツナマヨネーズ」の定番3品で、これだけでシリーズ全体売り上げの4割を占める。一方、それ以外の商品は売れ行きや流行、地域の特性などに応じてひっきりなしに入れ替わる。本社で平均して月に4品、全国の20工場でも、1工場あたり年間4~5品は新商品を投入する。

次ページ秋葉原に専門店も登場
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。