流通優位を象徴するセブンプレミアムビール

サッポロが初のPB

大手小売り企業が企画して独自のブランド名で展開する商品群であるプライベートブランド(PB)。小売り企業と製造を委託されるメーカーが直接取引することで、商品流通のコストや広告宣伝費などを抑え、安価な価格で商品を提供できるのが特徴だ。

PBの分野で近年、台頭が目立つのが、「セブン-イレブン」「イトーヨーカ堂」の店頭に並ぶ「セブンプレミアム」である。お手ごろな価格ながら一定以上の品質を持った製品をとりそろえ、人気を博している。前期4200億円を売り上げたセブンプレミアム商品は、今期には4900億円を超える勢いで、「セブン−イレブン・ジャパンにおける貢献度は非常に高くなっている」(セブン&アイの村田紀敏社長)。

そのセブンプレミアムが歴史的な一歩を刻んだ。

セブン&アイとサッポロビールは11月19日、サッポロが製造するビールを「セブンプレミアム」の商品として、11月27日から販売すると発表した。商品名は「セブンプレミアム 100%MALT」。国内大手ビールメーカーがPBビールはこれが初めてとなる。

アサヒ「スーパードライ」を意識

販売目標は1年間で2600万本(350ml缶換算)。国内ビールのトップブランドである「(アサヒビールの)スーパードライに次ぐブランド商品として育て、いずれはトップを狙う」(セブン-イレブン・ジャパンの鎌田靖常務)と息巻くほどの大型商品だ。

価格は350ml缶で198円、500ml缶で258円。サッポロ「黒ラベル」に比べ1割程度安い。サッポロのビールの中で最も高いガス圧が設定され、氷点下で熟成されており、スーパードライを彷彿とさせる強いキレがある。缶のパッケージも、シルバー地に黒文字で、スーパードライを意識したデザインに見える。

次ページ自社ブランドを犠牲にして得る対価
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。