バカルディに挑むサントリー

輸入ラム酒で激突

バカルディに挑むサントリー、輸入ラム酒で激突

ラム酒をベースにミントの葉やライム、砂糖を加えた爽やかなカクテル・モヒートが20~30代の女性の間で近年人気を博している。低アルコールで手軽に飲めるRTD商品(Ready to Drinkの略語、そのまますぐ飲める缶チューハイや缶カクテルなどを指す)の広がりもあり、今年1~8月の国内ラム酒市場は前年同期比14%増に拡大。今後も成長が見込まれている。

この分野で強いのがキューバで発祥したバカルディである。「バカルディモヒート」や「バカルディキューバリブレ」などのブランドを保有。国内ラム酒市場ではバカルディブランドがシェア1位と推定される。日本法人のバカルディジャパン(本社・東京都渋谷区)はサッポロビールと業務提携関係にあり、サッポロは日本国内における独占販売権を保有している。

その牙城を突き崩そうと、サントリー酒類(本社・東京都港区)が動き出す。10月23日から輸入ラム酒「BRUGAL(ブルガル)」シリーズ(=写真=)を新たに発売して攻勢をかけるのだ。

ブルガルはスペインや米国など世界25カ国以上で飲まれているラム酒ブランドで、販売数量世界第3位、ラム酒の本場カリブ海エリアでは第1位と本格的な味がウリのラム酒ブランドだ。アジアでは流通しておらず、日本がアジア初の商品投入となる。

サントリーはラム酒の分野で、「サンタテレサ」「サントリーラム」の2ブランドを展開してきたが、売上数量でバカルディの半数にも満たないとみられる。世界的に強い「ブルガル」ブランドの投入で、若い女性の需要を取り込み追い上げる算段だ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT