進化続けるロングセラー、味の素の強み

国内食品事業が気を吐く

デフレが続く国内の食品市場。昨年の「震災特需」が剥落する中、主要メーカーの2013年3月期の国内事業は、軒並み収益が後退する公算だ。好調を維持する企業は少数派。そのうちの1社が味の素である。

味の素が11月5日発表した13年3月期9月中間決算(12年4~9月期)のうち、国内食品セグメントの売上高は2265億円(前年同期比2.2%増)、営業利益は172億円(同5.7%減)と小幅ながら減益となった。一方、通期の国内食品事業は、カルピスの売却に伴う減収分を見込んで4118億円と前期比6%減るものの、営業利益は332億円と4.7%の増益を見込む。

前上期(11年4~9月期)は東日本大震災の直後、品薄状態の中で特売などの販促策を打たなくても商品が売れた状況だった。販促費は通常ベースから30億円ほど浮き、国内食品事業は大幅な増益となっていた。今上期は通常の状況に戻り、販促費の水準も元に戻っている。

「Cook Do」と「ギョーザ」が牽引

その中で、今上期を10億円程度の減益で抑え、通期は増益に持ち込む算段の背景には、発売40周年を迎えるロングセラー商品の存在がある。中華調味料「Cook Do」(=上写真=)と、冷凍食品「ギョーザ」。この2商品が国内食品事業を牽引しているのだ。

なぜロングセラー商品が好調な販売を持続できるのか。実はこの“超定番商品”は、今もなお進化を続けている。

次ページPB商品に対抗
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT