カルビー、たった1人で30億円を稼ぐ男

「ベジップス」を売るため、開発屋は“進化”した

マイナス30℃、極寒の大地で1人、玉ねぎの種まきをする日本人――。

中国甘粛(かんしゅく)省は、シルクロードに位置する砂漠地帯。現在も飛行機は1週間に1本しか便がないような僻地だ。超がつくほどの乾燥地帯、しかも2月の寒さで、玉ねぎは本当に育つのか?

「玉ねぎはもともとアフガニスタン原産。中央アジアから欧州、米国、アジアと世界を1周旅行して日本に伝わった品種。だからシルクロードの厳しい気候が、実はいちばん適しているんです」

野菜のことを語らせたら止まらないこの男の名前は、柚木英明(38歳)。スナック菓子最大手・カルビーが2012年に全国発売を開始した野菜チップス「Vegips(ベジップス)」の生みの親だ。

柚木はベジップスの開発から原料の調達、マーケティングまで、すべてを文字どおり“たった1人”でやってきた人物。新商品開発のためなら、単身、中国の秘境でもどこにでも出向く、徹底した味へのこだわりと行動力。それが数々の逆風を突破し、ベジップスを年商30億円のヒット商品にまで育て上げた。

じゃがいも以外のルートは、すべて自分で開拓

ベジップスは、玉ねぎやかぼちゃなどの野菜を、そのままフライしたスナック菓子。現在、緑と赤のパッケージ、2種類を販売している。

緑色のパック「玉ねぎ かぼちゃ じゃがいも」と、赤色のパック「さつまいもとかぼちゃ」の2種類を販売

12年に全国発売が始まると、野菜本来の自然な甘みを残した味や、ヘルシーなイメージが女性を中心に評判を呼び、一部地域で販売中止になるほど売れに売れた。11年の売上高は12.3億円、12年はさらに年商30億円に成長する見通しだ。

ベジップスの開発が始まったのは05年。別の食品メーカーに勤めていた柚木が、カルビーに転職した時期と重なる。

次ページ地方で、スーパーや八百屋を巡る日々
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT