カルビー、たった1人で30億円を稼ぐ男

「ベジップス」を売るため、開発屋は“進化”した

柚木は開発畑出身で、商品の生みの親。「マーケティングの人が商談をするのとはちょっと違って、私は+αで商談ができるんですね。たとえば、玉ねぎはこういうふうに栽培をしていますよとか。そういうことが、けっこう効いたかなと思いますね」。

突如始まった、ドラマのような快進撃

柚木の奮闘が実を結び、10年3月に開始した近畿エリアでのテスト販売は好調に売り上げを伸ばし、10月に近畿の全エリアで販売が始まる見通しとなった。

そのとき、ベジップスに強力な追い風が吹く。10月24日に放送されたテレビ番組「シルシルミシル」でタレントのマツコ・デラックスが、ベジップスの玉ねぎを絶賛。初めて欠品をするほどの大ブレークを起こしたのだ。

その後も快進撃は続く。11年2月末に中部エリアに販売エリアを拡大した際にも、3月5日のテレビ番組「お願い!ランキング」で、40点満点の1位でベジップスが優勝。その瞬間、受発注が8倍にも膨らみ、2日で5万ケース全部がなくなってしまう大欠品騒ぎとなった。

10年は2億円だった売上高は、翌年には12億9000万円に。柚木は約束どおり、1年で結果を出すことに成功する。

しかし、中部エリアで2回目の大欠品をしている真っ最中に、3月11日の東日本大震災が発生。宇都宮のR&DDEセンターが被災し、ベジップスのラインが完全に壊れてしまうという大変な事態になる。

「当時ベジップスがすごく売れていて、流通さんとお客さんから復活してほしいという声がものすごくあった。全社一丸となって、宇都宮はベジップスだけでもとりあえず再開させようと、急ピッチで復旧作業を進めました。そのおかげで、ベジップスだけは5月に再開させることができました。ベジップスにはドラマがあるんですよ」

中部と近畿エリアで結果を出していたベジップスに、経営側もゴーサインを出し、設備投資の予算も通るようになる。約20億円を投入して滋賀県の湖南工場、茨城県の下妻工場にベジップスの新規ラインを作り、売り上げにして50億円分の供給体制が整ったことで、12年10月、悲願の全国発売に至った。

「いま思えば、どうなるかわからない商品を(会社が)任せてくれたことに、感謝しています。ずっとやっていて結果が出なくても、周りが耐えてくれたっていうのはやっぱり大きい」

次ページ軍師も、武将もこなす
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT