カルビー、たった1人で30億円を稼ぐ男

「ベジップス」を売るため、開発屋は“進化”した

遠慮深い柚木だが、ベジップスにかける想いは誰よりも強い。「新規商品ってやっぱり逆風がすごく強いんですよ。社内でも社外でも、本当に投資しても売れるんだろうなと、つねに疑われている。それを突破していくには、何より想いと打たれ強さがないとできないでしょうね」。

軍師も武将もこなすオールラウンダー

ヒット商品の立役者となった柚木は現在、ベジップスプロジェクトのリーダーを務める。ベジップスにかかわる業務なら開発案件から、投資案件、原料の仕入れ発注や本業のマーケティングまで、何でもござれ。パッケージのデザインや、はたまた消費者からの手紙の返事まで何でもこなす“オールラウンダー”として、多忙な日々を送っている。

そんな柚木の愛読書は『三国志』。昔から天才的な軍師である諸葛孔明に憧れていた。「本当は軍師をやりたいのですが、最近は武将の役回りばかりですね」と苦笑する。理系から文系の仕事までこなす柚木らしい言葉だ。

だが、一方で八面六臂の活躍をこなすには、人一倍の努力が不可欠。柚木は住まいのある宇都宮から東京まで通勤するため、毎朝5時に起床。8時半(サマータイム時期には7時半)前に東京駅近くの本社に出社をしている。

往復3時間の新幹線通勤の合間には、財務や経営の勉強を欠かさず、手帳にはびっしりと勉強の跡が残っている。

次の目標は? という質問には、「全国展開はやりきったので、次は3品目の新味の投入。これはすでにテスト販売も好調ですので、今年の春ごろにはお披露目できるかもしれません。その次は、ベジップスを世界で売れる商品にしていきたいですね」と目を輝かせる。

画像を拡大
手帳には、財務などを勉強するメモがビッシリ

ベジップスは現在、アメリカなど海外のアンテナショップでも試験販売を実施し、好評を得ているという。

「でもこれ以上は、1人では無理ですね(笑)。少数精鋭と1人は違いますから!」。

目標はベジップスの世界展開。柚木の挑戦はまだまだ続きそうだ。(=敬称略=)

(撮影:梅谷 秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT