ネスレが日本で起こした“奇跡”

逆風吹き荒れる中、業績が絶好調

インスタントコーヒー「ネスカフェ」、チョコレート菓子「キットカット」、家庭用インスタントコーヒーマシン「ネスカフェ バリスタ」、ペットフード「フリスキー」――。

一般消費者におなじみの食品・飲料ブランドで知られるネスレは、スイスを本拠地とし、売上高約7兆8800億円、営業利益で約1兆2000億円(2012年)を誇る世界最大の食品メーカーである。12年に、買収や為替などの影響を除いた実質的な成長率であるオーガニックグロースで、売上高を5.9%拡大した(単純な成長率は10.2%)。

そのネスレが事業を展開する世界140カ国のうち、アジア・オセアニア・アフリカの先進国地域で最も健闘した国はどこか?

ネスレ日本は営業利益を25%拡大

答えは日本。日本法人であるネスレ日本の12年売上高のオーガニックグロースは2.3%、営業利益は前年から25%も増え、世界全体の同11.8%増を上回る成長ぶりを見せている(ネスレ日本の売上高、営業利益の実数は非公表)。

「ジャパン・ミラクル」。ネスレ本部は、ネスレ日本をこんなフレーズでたたえているという。それもそうだろう。日本は人口減で需要が縮み、デフレ経済下で食品は価格下落圧力が強いうえ、12年は震災後の買いだめ特需の剥落もあり、まさに逆風の吹き荒れた「難攻不落の地」だったはずだ。ネスレはなぜ日本で“奇跡”を起こせたのか。

次ページ背景にあるのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。