ネスレが日本で起こした“奇跡”

逆風吹き荒れる中、業績が絶好調

インスタントコーヒー「ネスカフェ」、チョコレート菓子「キットカット」、家庭用インスタントコーヒーマシン「ネスカフェ バリスタ」、ペットフード「フリスキー」――。

一般消費者におなじみの食品・飲料ブランドで知られるネスレは、スイスを本拠地とし、売上高約7兆8800億円、営業利益で約1兆2000億円(2012年)を誇る世界最大の食品メーカーである。12年に、買収や為替などの影響を除いた実質的な成長率であるオーガニックグロースで、売上高を5.9%拡大した(単純な成長率は10.2%)。

そのネスレが事業を展開する世界140カ国のうち、アジア・オセアニア・アフリカの先進国地域で最も健闘した国はどこか?

ネスレ日本は営業利益を25%拡大

答えは日本。日本法人であるネスレ日本の12年売上高のオーガニックグロースは2.3%、営業利益は前年から25%も増え、世界全体の同11.8%増を上回る成長ぶりを見せている(ネスレ日本の売上高、営業利益の実数は非公表)。

「ジャパン・ミラクル」。ネスレ本部は、ネスレ日本をこんなフレーズでたたえているという。それもそうだろう。日本は人口減で需要が縮み、デフレ経済下で食品は価格下落圧力が強いうえ、12年は震災後の買いだめ特需の剥落もあり、まさに逆風の吹き荒れた「難攻不落の地」だったはずだ。ネスレはなぜ日本で“奇跡”を起こせたのか。

次ページ背景にあるのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。