カルビー、たった1人で30億円を稼ぐ男

「ベジップス」を売るため、開発屋は“進化”した

「当時09年ですと、年商2000万円、月200万売れるかどうかぐらい。生産が月に3回しかないような、正直ひどい状況だった」

開発側ではおいしい商品を作ったという自負があるのに、コンビニチェーンで試験販売をすると、鳴かず飛ばずの状況が続く。社内の圧力は一段と高まり、ベジップスはいつまでも正式に発売されない「幻の商品」といわれる。柚木は悩んでいた。

さらに追い打ちをかけるように、09年8月、マーケティングの担当者が病気で抜けるというアクシデントが重なる。ベジップスのマーケティング自体が、約半年も止まるという事態に陥り、「正直、これで終わりだ」と思ったこともあったという。

しかし、柚木は決してあきらめなかった。開発を続ける傍ら、自らまったく経験のない営業やマーケティング活動を1人で始めたのだ。

この逆境が、ベジップスのターニングポイントとなる。柚木は当時のマーケティング本部長、山崎裕章(現カルビー執行役員、マーケティング本部長)の下へ、直談判に向かう。

山崎はあの人気商品「じゃがりこ」の生みの親。開発畑を歩んだ後、マーケティングに移った、まさに当時の柚木と同じようなキャリアを歩んできた人物。柚木は山崎に頼んだ。

「『何とかしてください。いっそ、ダメならやめさせてくれ』と言ったんですよ。そしたら、『開発でいちばん思いの強いお前が最後、情熱を持って突破してこい』と言われて、東京のマーケティング本部に呼び出された」

10年3月、「1年間で結果が出せなかったら(ベジップスは)終了する」という条件で、柚木は東京本社のマーケティング本部に正式に異動となる。4人いたベジップスの開発チームは解散となり、代わりに入ったメンバーが1人と、マーケティング担当の柚木2人だけの体制となった。

そこから先の柚木は、「とにかく、ひたすらベジップスを売りに行った」。山崎に言われたとおり、売り込みや、商談、営業所回りに行くたびに、柚木はベジップスへの熱い想いを伝えた。

次ページ突如始まった、ドラマのような快進撃
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT