斬新!「ポテチバーガー」はココがスゴい

カルビーとロッテリアが組む狙いとは?

ずらり並んだ、カルビーとロッテリアのコラボ新商品。「絶品チーズポテトチップスバーガー」(左)はセット価格が800円(税込み)

「斬新」の一言に尽きる商品だ――。バンズ(パン)とビーフパティの間に挟まれたのは、何とカルビーのポテトチップス。調理してから時間が経った商品を試食したが、冷めているにもかかわらずポテトチップスのサクサクとした食感が残っていたのが印象的だった。

ロッテリアは7月24日から1カ月間の期間限定で「絶品チーズポテトチップスバーガー」を販売する。同社の主力商品である「絶品チーズバーガー」にポテトチップスを挟んだ商品だ。価格は単品で420円(税込み、以下同)。

サクっとした食感を実現するために工夫を施したのが、ポテトチップスの形状である。通常は薄く平らにカットしているが、ソースや野菜の水分に触れてもカリカリとした食感を残すために、波形かつ厚切りの特製チップスを使用した。

そのほかに、ビーフパティの代わりにチキンを使った「サラダチキンポテトチップスバーガー」(390円)や、コンソメWパンチ風味など4種類のフレーバーで展開するフライドポテト「ふるポテ」(300円)も同時に発売する。

両社のコラボは今年1月にスタート

意外に思える両社のタッグ結成だが、実は今回が初めてではない。今年1月には「かっぱえびせんバーガー」というコラボレーション商品を発売している。「ロッテリアの『エビバーガー』とカルビーの『かっぱえびせん』を組み合わせたら面白いのではないか」。昨年6月頃、カルビーの商品企画の担当者からロッテリア側にオファーが届いたのがきっかけだった。

コラボの効果は、すぐに数字になって表われた。発売直後の2月には、ロッテリアの既存店売上高が前年同月比で15%増を記録。カルビーも「かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味」を期間限定で販売したところ、「かっぱえびせんは30~40歳代の主婦層が主要顧客だったが、ロッテリアとのコラボ商品で20~30歳代の男性という新しい消費者を獲得するなど、大きな収穫があった」(カルビーの柳田晶代・商品企画部長)。

次ページ狙いは「新規開拓」だけじゃない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。