斬新!「ポテチバーガー」はココがスゴい

カルビーとロッテリアが組む狙いとは?

ずらり並んだ、カルビーとロッテリアのコラボ新商品。「絶品チーズポテトチップスバーガー」(左)はセット価格が800円(税込み)

「斬新」の一言に尽きる商品だ――。バンズ(パン)とビーフパティの間に挟まれたのは、何とカルビーのポテトチップス。調理してから時間が経った商品を試食したが、冷めているにもかかわらずポテトチップスのサクサクとした食感が残っていたのが印象的だった。

ロッテリアは7月24日から1カ月間の期間限定で「絶品チーズポテトチップスバーガー」を販売する。同社の主力商品である「絶品チーズバーガー」にポテトチップスを挟んだ商品だ。価格は単品で420円(税込み、以下同)。

サクっとした食感を実現するために工夫を施したのが、ポテトチップスの形状である。通常は薄く平らにカットしているが、ソースや野菜の水分に触れてもカリカリとした食感を残すために、波形かつ厚切りの特製チップスを使用した。

そのほかに、ビーフパティの代わりにチキンを使った「サラダチキンポテトチップスバーガー」(390円)や、コンソメWパンチ風味など4種類のフレーバーで展開するフライドポテト「ふるポテ」(300円)も同時に発売する。

両社のコラボは今年1月にスタート

意外に思える両社のタッグ結成だが、実は今回が初めてではない。今年1月には「かっぱえびせんバーガー」というコラボレーション商品を発売している。「ロッテリアの『エビバーガー』とカルビーの『かっぱえびせん』を組み合わせたら面白いのではないか」。昨年6月頃、カルビーの商品企画の担当者からロッテリア側にオファーが届いたのがきっかけだった。

コラボの効果は、すぐに数字になって表われた。発売直後の2月には、ロッテリアの既存店売上高が前年同月比で15%増を記録。カルビーも「かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味」を期間限定で販売したところ、「かっぱえびせんは30~40歳代の主婦層が主要顧客だったが、ロッテリアとのコラボ商品で20~30歳代の男性という新しい消費者を獲得するなど、大きな収穫があった」(カルビーの柳田晶代・商品企画部長)。

次ページ狙いは「新規開拓」だけじゃない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT