シャックバーガーは「マック的常識」を覆す

「ハンバーガー界のスタバ」の凄みとは?

「シャックバーガー」のセットは日本円で1000円前後。ハンバーガーとしては強気の価格設定だ

日本のハンバーガー市場に、米国発の新興勢力が上陸する。その名は「Shake Shack(シェイク・シャック)」――。

2004年、米・ニューヨークのマディソン・スクエア・パークで産声を上げた同社は現在、9カ国で66のハンバーガー店を展開している。2016年中には東京に日本1号店を出店。東京五輪が開かれる2020年までには日本国内で10店舗まで増やす計画だ。

シェイク・シャックの特徴は素材へのこだわりだ。抗生物質や成長ホルモンを使用しない100%米国産のアンガスビーフを使ったハンバーガーや、トランス脂肪酸を排除したフライドポテトなど、品質面のよさが消費者を惹きつけている。

看板商品の「シャックバーガー」は米国で単品5.19ドル(日本円で約620円)と、決して安くはない価格設定。ポテトなどのサイドメニューを付ければ、1000円前後になる。それでも、ニューヨークの店舗は若者を中心に行列が絶えないという。

1月末には新規株式公開(IPO)でニューヨーク証券取引所に上場。1億0500万ドル(約125億円)の資金を調達した。主戦場である米国で新規出店するほか、欧州や中東、日本を含めたグローバルで店舗網を広げていく構えだ。

スタバを育てたサザビーとタッグ

今回の日本進出にあたって注目すべきなのは、国内展開の独占契約を結んだサザビーリーグの存在だ。サザビーといえば、米スターバックスや仏ファッションブランド「アニエス ベー」をはじめ、これまで30以上のブランドを日本で展開してきた実績を持つ。

サザビーと組むことで、日本ではどのような青写真を描いているのか。人口が減少していく日本市場での勝機はあるのか。そして、グローバルでどのような展開を遂げていくのか。3月28日の事業発表会を前に来日したランディ・ガルッティCEO(最高経営責任者)を直撃した。

次ページCEOが語るシェイク・シャックの強み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT