シャックバーガーは「マック的常識」を覆す

「ハンバーガー界のスタバ」の凄みとは?

画像を拡大
アンガスビーフ100%など、素材面のこだわりが売りだ

――健康志向が強まる日本では、どのような商品戦略をイメージしているのか。

ファストフードは敬遠するが、ハンバーガーは食べたいという人もいるだろう。となると、いい素材のバーガーを食べたいという消費者が多いのではないだろうか。

もちろん、世界中どこの地域でもコアメニューは出していく。そのうえで、現地のベーカリーや料理人と相談しながら、ローカルにあったメニューを採用していきたい。

独自商品については、たとえば、その地域にしかないソーセージを使ったこともある。(日本でも)時間をかけて少しずつ現地ならではのメニューを入れていきたい。日本の農家やサプライヤーと一緒にやっていくことも念頭に置いてスタートするが、最初のうちは米国で展開しているメニューを忠実に再現しながら展開していく。

「1番」のバーガー屋になる

規模を追い求めず、「1番」のハンバーガー屋になるのが目標だ(撮影:尾形文繁)

――グローバルではどのような成長路線を歩んでいくのか。

米国については、現在のホームタウンは東海岸だが、徐々に西側も攻めていく。今後はシカゴ、テキサスに出店していく予定だ。

中東では現在、20店ほど展開している。現地にはシェイク・シャックのもともとのファンも多い。さらに、いいパートナーと出会ったことで出店が進んできた。そのパートナーは中東でスターバックスも展開している。そういう意味では、日本におけるサザビーの存在と似ている。

日本以外のアジア出店については、ノープランだ。当面は日本に集中して事業を展開していきたい。世界で1番のハンバーガー屋になりたいが、規模を求めるわけではない。

「1番」というのは、どの飲食店よりもすばらしい体験を提供し、何度も通ってくれる店でありたいという意味においてだ。ブランドとしての地位を確立し、望まれる地域には出店を検討していきたい。

――日本の消費者にメッセージは?

シャックバーガー、ポテト、ホワイトアンドブラックシェイク(チョコとバニラがミックスされたシェイク)。最初に頼むならこのメニューがおすすめ。一生懸命頑張って、日本の皆さんの信用を勝ち得たい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。