シャックバーガーは「マック的常識」を覆す

「ハンバーガー界のスタバ」の凄みとは?

画像を拡大
アンガスビーフ100%など、素材面のこだわりが売りだ

――健康志向が強まる日本では、どのような商品戦略をイメージしているのか。

ファストフードは敬遠するが、ハンバーガーは食べたいという人もいるだろう。となると、いい素材のバーガーを食べたいという消費者が多いのではないだろうか。

もちろん、世界中どこの地域でもコアメニューは出していく。そのうえで、現地のベーカリーや料理人と相談しながら、ローカルにあったメニューを採用していきたい。

独自商品については、たとえば、その地域にしかないソーセージを使ったこともある。(日本でも)時間をかけて少しずつ現地ならではのメニューを入れていきたい。日本の農家やサプライヤーと一緒にやっていくことも念頭に置いてスタートするが、最初のうちは米国で展開しているメニューを忠実に再現しながら展開していく。

「1番」のバーガー屋になる

規模を追い求めず、「1番」のハンバーガー屋になるのが目標だ(撮影:尾形文繁)

――グローバルではどのような成長路線を歩んでいくのか。

米国については、現在のホームタウンは東海岸だが、徐々に西側も攻めていく。今後はシカゴ、テキサスに出店していく予定だ。

中東では現在、20店ほど展開している。現地にはシェイク・シャックのもともとのファンも多い。さらに、いいパートナーと出会ったことで出店が進んできた。そのパートナーは中東でスターバックスも展開している。そういう意味では、日本におけるサザビーの存在と似ている。

日本以外のアジア出店については、ノープランだ。当面は日本に集中して事業を展開していきたい。世界で1番のハンバーガー屋になりたいが、規模を求めるわけではない。

「1番」というのは、どの飲食店よりもすばらしい体験を提供し、何度も通ってくれる店でありたいという意味においてだ。ブランドとしての地位を確立し、望まれる地域には出店を検討していきたい。

――日本の消費者にメッセージは?

シャックバーガー、ポテト、ホワイトアンドブラックシェイク(チョコとバニラがミックスされたシェイク)。最初に頼むならこのメニューがおすすめ。一生懸命頑張って、日本の皆さんの信用を勝ち得たい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT