「異常に持ち帰りが多くなった」天丼店の真実

当事者さえもわからなかった謎を解く

お手頃な価格で食べられる「天丼てんや」の天丼
世の中にあふれるさまざまな統計やデータ。これを基にしていろいろなランキングが作られるワケだが、中にはなぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからないような"世にも不思議なランキング"がある。
TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(原則として毎週月曜よる7時<一部地域はよる8時>放送)は、そんなランキングデータの謎を解き明かす番組だ。「なんで△△が○位にランクインしているのか?」。その裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。取材班が直面した不思議なランキングの一端をご紹介しよう。

 

天丼1杯が500円(並盛)からというお手頃な価格で食べられる「天丼てんや」をご存じだろうか。ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」のほか、機内食やホテルなどを手掛けるロイヤルホールディングスグループのテン コーポレーションが運営する外食チェーンのひとつだ。

直営・フランチャイズにより、首都圏を中心に国内160店強のネットワークを構える。その「天丼てんや」にまつわる不思議な現象を示すランキングがある。

1位の店舗は数でも断トツ

■「天丼てんや」で「持ち帰り」が多い店舗(2015年)
1位 ビーンズ赤羽店(東京・北区)
2位 川口店(埼玉・川口市)
3位 川崎アゼリア店(神奈川・川崎市)
4位 昭島モリタウン店(東京・昭島市)
5位 西葛西店(東京・江戸川区)
(出典:テン コーポレーション)

 

注目は1位のビーンズ赤羽店。1日に360食以上の天丼を「持ち帰り=テイクアウト」で販売する。てんや全チェーンの平均が100食程度なのに対して圧倒的に多い。売り上げ構成を見るともっと顕著で、その8割以上がテイクアウトだという。

不思議なのはビーンズ赤羽店でテイクアウト客が急増したのは、つい最近ということ。同じランキングを少しさかのぼると2013年は全国9位だったが、2014年に2位へと一気にジャンプアップ。今年、1位に躍り出た。

店内で食べれば味噌汁が付き、おしんこも食べられる。何よりできたてだし、それこそが外食店で食事する醍醐味。にもかかわらず、なぜそこまでテイクアウト客が多いのだろうか。

次ページ理由を尋ねるとまさかの答えが……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT