日本一おカネを遣いまくる「富山人」の生態

「幸せなお父さん」を生み出す街

富山県にまつわるデータが興味深い!
世の中にあふれる様々な統計やデータ。これをもとにして色々なランキングが作られるワケだが、中にはなぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからないような"世にも不思議なランキング"がある。
TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(4月27日よる8時放送)は、そんなランキングデータの謎を解き明かす番組だ。「なんで△△が○位にランクインしているのか?」。その裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。

富山にまつわる興味深いデータ

今年開通した北陸新幹線

北陸新幹線の開通により、最速2時間8分で結ばれた東京-富山間。宿泊費や飲食費を含めた富山の経済効果は約88億円にも上るという試算もある。

そんな富山にまつわる面白いデータがある。まずは、下のランキングをご覧いただきたい。

■消費支出が多い都市のランキング
1位 富山市   33万9622円
2位 金沢市   33万5861円
3位 さいたま市 32万9448円
4位 宇都宮市  32万9193円

55位 東京都   32万4999円
(2人以上の世帯の1カ月当たり金額、2014年、総務省統計局『家計調査』)

 

このデータが発表されたのは、北陸新幹線の開通より1年近く前。富山市民に何か特別な経済効果がもたらされたタイミングではない。むしろ堅実なイメージがあるのに、元来、富山の人は全国でもっともお金遣いが荒いということになるのだ。

いったいなんで? 取材班は早速、富山市に飛んだ。

次ページ富山市民の収入は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT