タオルは「拭くもの」ではなく「振るもの」だ

大阪泉州のタオル屋が応援の風景を変えた

従来のタオルの常識を打ち破るアイデアとは?(写真 :Graphs / PIXTA)

東進は、大阪府泉州のタオル屋さんです。

泉州はもともとタオル産業が盛んで、ピーク時には700社もありました。しかし、中国製品との競争が激化、今では100社程度に激減しました。このままいくと、そのうち50社ぐらいになるだろうと言われています。

そんな中、「価格競争以外のところで真っ向勝負しますよ」と話すのは、チャレンジ精神旺盛な大和谷(やまとや)進社長。東進の創業者でもある大和谷社長は、従来のタオルの常識を打ち破る発想で、機能性、ファッション性を高めたユニークなタオル作りに挑戦しています。

従来の常識を打ち破るユニークなタオル作り

上のバナーをクリックすると「日本一明るい経済新聞」のサイトにジャンプします

その一環として開発されたのがタオル地マフラー「たふら~tafura~」です、東レの超制電性繊維と綿の混織で、静電気防止とマイナスイオンの発生が特長です。もう十年ほど前になりますが、この「たふら」が大ブレイクしました。

肌触りがよく、汗を吸収するといった特色が浸透してきたほか、「冬ソナ」のヨン様効果も大きいと言います。「夏でもマフラー」が若者のトレンドになったのです。冷房の効いた事務所では首に「たふら」を巻いて冷えを防ぎ、外に出れば暑いのでそのまま汗を拭くことができます。同時期、情報誌「サライ」の通販コーナーに取り上げられたことも追い風になりました。前年比倍増の売り上げを果たしたそうです。

次ページ大和谷社長が次に目をつけたものとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT