大阪の新名物!道頓堀コテコテ看板の舞台裏

巨大看板が中国からの観光客に大人気

ポップ工芸の製作第1号は、大阪ミナミにあるラーメン店の大きな竜(写真:筆者撮影)

看板は会社の顔といわれ、皆さんいろいろ苦心されています。今回取り上げるのは、特徴的な立体看板を製作して、自分もお客さんも売り上げを伸ばしている、といういかにも大阪らしい会社です。

「38歳で脱サラして看板屋を始めました。あるとき、立体看板を作ってほしいと言われ、チャレンジして製作したのが始まりです」

軽くて加工しやすい発泡スチロール

この連載の一覧はこちら

こう語るのは、ポップ工芸の社長の中村雅英さん。その製作第1号は、大阪ミナミのラーメン店の大きな竜の看板でした。当時はもの珍しさもあり、取り付けの際に黒山の人だかりができたそうです。道頓堀では今でも、この大きな竜が道行く人たちを上から見下ろしています。そうはいっても恐ろしげな顔でなく、どことなくとぼけた感じがいかにも大阪的。これが評判となり、同じ道頓堀に、ユニークな立体看板が立ち並ぶようになりました。

ポップ工芸の社長、中村雅英さん(写真:筆者撮影)

原材料は、軽くて加工しやすい発泡スチロール。熱した鉄線で大まかに切り、次に包丁ややすりで細かく形を削り出します。それに軽くて強度の高いFRP(強化プラスティック)加工を施し、塗料が塗りやすいように表面を整え、質感が出るよう丁寧に塗装して本物そっくりに仕上げます。クライアントからの注文は、簡単なイラストなどで設計図がないこともしばしば。そこを職人の技で一気に作成します。立体看板に手応えを感じた中村社長は、普通の看板作りに必要な設備をすべて処分。大阪の社長さんらしく「目立ってなんぼ」の立体造形看板に軸足を移した看板ビジネスを進めています。

次ページ従業員は8名と小所帯
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT