大阪の新名物!道頓堀コテコテ看板の舞台裏

巨大看板が中国からの観光客に大人気

ポップ工芸の製作第1号は、大阪ミナミにあるラーメン店の大きな竜(写真:筆者撮影)

看板は会社の顔といわれ、皆さんいろいろ苦心されています。今回取り上げるのは、特徴的な立体看板を製作して、自分もお客さんも売り上げを伸ばしている、といういかにも大阪らしい会社です。

「38歳で脱サラして看板屋を始めました。あるとき、立体看板を作ってほしいと言われ、チャレンジして製作したのが始まりです」

軽くて加工しやすい発泡スチロール

この連載の一覧はこちら

こう語るのは、ポップ工芸の社長の中村雅英さん。その製作第1号は、大阪ミナミのラーメン店の大きな竜の看板でした。当時はもの珍しさもあり、取り付けの際に黒山の人だかりができたそうです。道頓堀では今でも、この大きな竜が道行く人たちを上から見下ろしています。そうはいっても恐ろしげな顔でなく、どことなくとぼけた感じがいかにも大阪的。これが評判となり、同じ道頓堀に、ユニークな立体看板が立ち並ぶようになりました。

ポップ工芸の社長、中村雅英さん(写真:筆者撮影)

原材料は、軽くて加工しやすい発泡スチロール。熱した鉄線で大まかに切り、次に包丁ややすりで細かく形を削り出します。それに軽くて強度の高いFRP(強化プラスティック)加工を施し、塗料が塗りやすいように表面を整え、質感が出るよう丁寧に塗装して本物そっくりに仕上げます。クライアントからの注文は、簡単なイラストなどで設計図がないこともしばしば。そこを職人の技で一気に作成します。立体看板に手応えを感じた中村社長は、普通の看板作りに必要な設備をすべて処分。大阪の社長さんらしく「目立ってなんぼ」の立体造形看板に軸足を移した看板ビジネスを進めています。

次ページ従業員は8名と小所帯
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT