訪日客が殺到!老舗商店街のスゴい「仕掛け」

数万円の高級包丁が飛ぶように売れるワケ

人気化する商店街は何が違うのか? (写真は、大阪・千日前道具屋筋商店街)

ここ1、2年の間で、大阪の街の景観は大きな変化を見せている。LCC(格安航空会社)の発着点となる関西国際空港の利用者が激増したこともあり、市内では大挙する訪日外国人客を見ない日はない。その恩恵を受け、経済面でも多大な影響を受けている。

訪日外国人というと、昨年度の流行語大賞となった、中国人観光客による「爆買い」の印象が強い方も多いかもしれない。しかし、大阪ではツアーでルートが決まっている中国本土からの団体旅行者よりも、個人旅行者が多い台湾、香港からの訪日客をターゲットにしたビジネスが加速している。

台湾で最大規模の旅行会社「スタートラベル」の日本販売担当の槨永勝氏によれば、訪日客の旅行スタイルは多様化しているという。「台湾では現在、空前の訪日ブーム。1度だけでなく、3回、4回と日本を訪れるケースが多い。旅行先も、日本人でも行かないようなコアでディープな場所にまで足を運びます。寺院はもちろん、安価な飲食店や、専門性が高い日本製品などが買える場所が特に人気が高い。百貨店や家電量販店よりも、その街ならではのモノづくり体験、飲食店、商店街に注目が集まっていますね」(槨氏)。

現在、大阪のホテル稼働率は90%を超えるなど全国でも有数の高水準をキープ。市内の予約は困難で、宿泊価格も平日でも1.3~1.5倍程度まで高騰している。堺市など郊外にも旅行客が流れており、ミナミやキタといった繁華街に限らず、資金力に乏しい小さな店や会社にまでビジネスチャンスが拡大。個性溢れる商店街も存在感を放ち始めている。今回は、そんな大阪の商店街の実態に迫っていきたい。

単価数万円の包丁が飛ぶように売れる!

ミナミの中心地からほど近く。わずか160m程度の小さな商店街が今、外国人観光客でごったがえしている。千日前道具屋筋商店街だ。同商店街は、大阪商工会議所によって、昨年度のインバウンド消費を盛り上げた「活力グランプリ」に選出された。

同商店街は、「くいだおれの街」大阪の料理人を支える調理具や厨房機器に特化した専門店街だ。東京・かっぱ橋道具街の大阪版といえば、すこしイメージがわくだろうか。

たとえば、商店街の中にある「堺一文字光秀」は、包丁の販売に特化した専門店。1本あたり2万~30万円と単価の高い商品を中心に販売しているが、これがよく売れているという。

次ページそれぞれの店の「戦略」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT