「爆買い終了」におびえる店、勝機をつかむ店

本当の“商売人”は石橋を叩いて壊さない

「爆買い」ブームは終わる? 店側は今後どう対応するべきか(写真:ロイター/アフロ)

2月8日は春節。中国のお正月に当たる。日本人とは日頃あまり関係のない中国の暦なのに、「爆買い」ブームによって日本でもすっかり定着した。街のショーウインドーには明らかに中国人を意識した飾り付けが施され、家電量販店の店頭には中国語のPOPが踊る。こんな光景は数年前には考えられなかったことだ。

こうした現象に伴い、私は読者やマスコミから頻繁に問い合わせを受けるようになった。中でも最も多いのは「爆買いはいつまで続くのですか?」という質問だ。

爆買いは続く? 不安を感じる企業が多数

現在、爆買いの恩恵にあずかっている企業の中にも「このまま続くのか?」とどこかで不安を抱いているところがあるし、恩恵があまりない企業は「今から対応しても間に合うのだろうか」や「でも、急に中国人は来なくなるかもしれないし……」と躊躇している。

「ずっと続くのなら、中国人相手の商売を始めざるをえないが、やらなくていいのならこのままでも……。実際のところ、どう思いますか?」。中国人を数多く取材している私に対するそんな質問の裏側には、「きっと、そう遠くないうちに『爆買いの終わり』は来るに違いない」という仮定に基づく、消極的な心理が見え隠れする。

「爆買いは終わるのか? 終わらないのか?」という疑問が渦巻く中、中国人対応を果敢に行い、がぜん勢いを増しているのが東京・銀座だ。

2013年秋にラオックス銀座本店ができたのを機に、銀座は「爆買いシフト」に動き始めた。昨年はほぼ毎日、銀座4丁目から8丁目まで通じる中央通りに大型バスが乗りつけ、銀座の風景は様変わりしたが、今年1月末には三越銀座店内に空港型免税店がオープンし、さらにシフトに弾みをつけた。

次ページ爆買いによる影響、銀座の場合は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT