「爆買い終了」におびえる店、勝機をつかむ店

本当の“商売人”は石橋を叩いて壊さない

「山下さんは地元・北海道の出身。さまざまな情報から、山下さんが中国でネット動画配信などを行っており、非常に人気があるという話を聞いた。山下さんの得意な中国語で直に中国の人々に情報発信していただけたら、効果は非常に大きいと思うし、影響力があると思う」(富山氏)と話している。

成功する人たちの「共通点」

 

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

つねに好奇心を持って情報収集を怠らず、各方面にアンテナを貼り、中国人の消費動向や傾向に目を配っている富山氏ならではの機敏な対応が功を奏している格好だ。

岡本氏と富山氏に共通しているのは、リスクを恐れず、臨機応変で柔軟な対応を取っているということ。

日中の政治的な問題で中国人客が突然来なくなるなどのリスクについても冷静にとらえている。リーマン・ショックのときにも急に銀座に外国人客が来なくなることがあったが、「特別なことによる恩恵は、いつかなくなる、くらいに思っておいたほうがいい」と岡本氏は話す。

「銀座で店を構える人々は、息の長い商売をしていきたいと思っています。だから、つねに調子がいいとは限らない。利益がたくさん出たときにはその分をお客様に還元したり、お店に投資したりする。逆境になったときには工夫したり、我慢したり。もし中国人が突然来なくなったら? そのときはまた元に戻せばいい。私たちはそういうふうに思って、この街を見つめています」(岡本氏)

石橋を叩いて慎重に渡るのが日本人の常であり、それが日本人のよいところもであるが、中国人のあまりに神出鬼没で激しすぎる変化や、彼らの思考についていける日本企業は少ない。

「爆買いはいつまで続くのか?」を考え、真剣に対策を練るのは必要なことだ。だが、日本人の論理を優先し、「石橋を叩きすぎて壊してしまう」のでは元も子もない。それは中国に進出して失敗した多くの日本企業の特徴でもある。激増する外国人観光客を前に何を考え、今どうすべきか。岡本氏や富山氏の言葉は、インバウンド対策に躊躇する多くの人々にとって参考になる部分があるはずだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT