タクシー運転手も避けて通れない「英語」の道

MKタクシーは、なぜ英語教育を強化するのか

社内のタクシー運転手に向けた英語研修を行う、ヤカブ・リッラさん
社内のタクシー運転手に向けた英語研修を行う、ヤカブ・リッラさん

「MKタクシー」の名称で知られるエムケイ。世界的な観光都市・京都に本社を構えるタクシー・ハイヤー事業を主力とする会社だ。タクシーを停めると運転手が出てきて、ドアの開け閉めをしてくれるなど、きめ細かい接客サービスが利用者の評価を得ている。

ハンガリー出身の社員がMKタクシーで活躍

そんなエムケイが観光訪日需要の取り込みのために、積極的に取り組んでいるのが英語研修だ。キーマンはハンガリーから来た1人の社員である。

週刊東洋経済1月9日号(4日発売)の特集は『今年こそ!英語』です。10年ぶりに刷新される新TOEICの攻略法や、実践の場で使える会話やメール、会計英語などを解説。学習効果アップのアプリ・サービスも紹介しています。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

エムケイ外商部副主任のヤカブ・リッラさんは、社内のタクシー運転手に向けた英語研修全体の管理を担っている。エムケイは「初級」「プレ中級」「中級」「上級」と、4つのレベルごとに各営業所で月2回の英会話研修を行っており、リッラさんはそのスケジュール管理や教材の作成を担っている。初級とプレ中級の授業はアルバイトの英会話講師9人が担当し、中級と上級の授業では、リッラさんみずから講師として教壇に立つ。

英会話研修といっても、そのレベルはかなり高い。昨年12月に行われた中級クラスでは、50~60歳代の運転手が集まり、「伏見稲荷大社の観光ガイド」について、ディスカッション形式の授業が行われた。授業中になされる会話はすべて英語だ。

石を持ち上げて軽く感じれば願いがかなうといわれる「おもかる石」について、「いつもどのように説明していますか?」とリッラさんが運転手たちに問いかける。ある運転手がおもかる石について説明すると、リッラさんは「内容は正しいが、普通に説明するだけだと石を重く感じてしまったお客様が落胆してしまいます。どうすればいいと思いますか?」とさらに問いかける。

英会話研修では、京都の観光ガイドについてディスカッション形式で行われている

別の運転手は「お客様を落胆させないために、石を持ち上げるときに指を挟まないよう気をつけて、と言い添えている。そうすることで、石が相当重いと意識できる」と答えた。英語であっても、おもてなしの心は忘れない。

「エムケイは、とても礼儀正しい日本語でマニュアルを作成している。私が英語のマニュアルを作成するときも、”May I have your name please?”や”Could you please say it again?”のように、エムケイにふさわしい丁寧な英語にするよう心がけている」(リッラさん)。

次ページ何がきっかけだったのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT