液晶製造装置、中国「爆買い」需要の視界不良

旺盛な需要はいつまで続くのか

ニコンの第6世代中小型液晶向け露光装置。爆買いはこうした巨大装置にまで及んでいる
 

“爆買い”でにぎわうのは百貨店や家電量販店だけでなかった。今、中国の液晶メーカーは、日本の製造装置を爆買いしているのだ。

その影響はすさまじい。半導体製造装置大手の東京エレクトロンは、好採算の大型液晶パネル用製造装置が急伸。前上期(4〜9月期)に6億円の赤字だった液晶製造装置事業が、2015年度上期に23億円の黒字に転換し、利益率も12.9%と好転した。

ニコンも爆買いの恩恵を受けた。液晶用露光装置(1台15億〜20億円)の販売台数は2014年度の34台から今期は50台まで伸びる見込み。スマホなどに使われる中小型パネル向けの需要が旺盛だ。村松享幸FPD装置事業部長は「今年は2015年より2割ほど拡大する」と一段の成長を見込む。

なぜ爆買いが及んでいるのか?

中国一色に染まったのはSCREENホールディングス(旧大日本スクリーン製造)。2015年7〜9月期の液晶製造装置の受注のうち、8割を中国向けが占めた。そのほか、液晶製造装置中堅のアルバックも中国向けが好調で、7〜9月期の液晶関連の受注は288億円(前年同期は47億円)まで膨れ上がった。

なぜ今、各社に爆買い需要が及んでいるのか。現在、中国では、BOE(京東方科技集団)、CECパンダ(南京中電熊猫信息産業集団)、CSOT(華星光電)、TIANMA(天馬微電子)といった大手液晶メーカーが、能力増強に向けて、新工場を次々と建設している。

2015年だけでも、重慶(BOE)、南京(CECパンダ)、深セン(CSOT)で、テレビ向け大型液晶を扱う8.5世代工場が稼働した。

次ページ巨額投資を進める中国
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。